読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朝ごとに死におくべし 葉隠物語 (角川文庫)

朝ごとに死におくべし 葉隠物語 (角川文庫)

朝ごとに死におくべし 葉隠物語 (角川文庫)

作家
安部龍太郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-10-21
ISBN
9784041116470
amazonで購入する Kindle版を購入する

朝ごとに死におくべし 葉隠物語 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

coldsurgeon

戦国時代末期から江戸時代初めに、侍としての生き様を解いた書「葉隠」をベースに、価値観が大きく変わる時代に生きる術を示す物語である。侍として安易に生きるのではなく、いつも死ぬことを意識して生きていくことを大切なこととして、過ごす武士という階層を、今、思う。侍が命を捨てるのは、他を活かすためである。か。

2022/02/07

感想・レビューをもっと見る