読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

闇祓

闇祓

闇祓

作家
辻村深月
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-10-29
ISBN
9784041117316
amazonで購入する Kindle版を購入する

「闇祓」の関連記事

辻村深月「優れたホラー作品はどれもみな優れたミステリーでもあると思うんです」

横溝正史ミステリ&ホラー大賞の選考委員を務める辻村深月が、選評で常々指摘してきたのはミステリーとホラーを接着させる難しさだった。最新作『闇祓』は、その接着のお手本となるような一作だ。激烈に怖いホラーであると同時に、冒頭から十二分にヒントや伏線が張り巡らされ、結末部で度肝を抜かれる真相が顔を出す“ド本格”なミステリーなのだ。

(取材・文=吉田大助 撮影=山口宏之)

「ホラーは、怖さをどんどん拡大させて、オープンエンドで終わらせることもおそらく可能。でも、ミステリー作家を名乗ってホラーを書くならば、話の着地にはやはり何か“真相”を用意したい。これまで『ふちなしのかがみ』や『きのうの影踏み』などに収録の短編しか書いたことがなかったのですが、いつか私なりのホラー長編に挑戦してみたいという思いが今回の出発点でした」  本作におけるホラーの発生源は、人間関係に忍び込む「闇ハラ」。辻村による造語だ。 「セクハラやモラハラなどハラスメントにはいろいろな種類がありますが、まだ名前の付けられていないハラスメントが世の中にはあると思ったんです。例えば、相手側の事情だとか…

2021/11/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

闇祓 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

辻村 深月は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 ホラー好きの著者が満を持して発表した初の本格ホラー、とても怖く堪能しました。「闇祓」というよりも、ダーク・モラハラ・ホラーと言った感じです。神原一家、恐るべし、続編もあるでしょうか? https://kadobun.jp/special/yami-hara/

2021/11/15

ナルピーチ

あなたの周りの人達は大丈夫ですか?高校の先輩、同じ団地の住人。日常を描いた作品でありながら、得体の知れない何かが闇に巣食うその世界は章を追うごとに謎を深めていく。“奴ら”は絡みつく様に感情の奥深くからやってきて、全てを飲み込ながら人間関係を壊していく…。辻村先生の作品は初読でしたが、新感覚ホラーここにあり!と思える内容でした。現代に置けるハラスメントを随所に散りばめ、各章ごとに見せ方を変えながら、最終章ではしっかり伏線を回収してくれる。改めて問います。あなたの周りの人達は“闇”に取り込まれてはいませんか?

2021/10/23

パトラッシュ

学校や団地、会社や家族などで普通に暮らす人の内面に棲む闇が残酷な素顔をさらす物語かと思いきや、神原家という形をとった恐怖がじわじわと侵してくる。悪意が人を操って次々と仲間を補充し、僅かな不協和音をきっかけに犠牲者を増やし続ける有様は血や内臓をぶちまけるよりも恐ろしい。そんな闇ハラを振りまく家族が、どこにでもいる平凡さなのだから。彼らを祓う役目を負った少年との戦いは、否応なく新型コロナウイルスとワクチン接種のいたちごっこを連想する。偶然と自然とを問わず、人は常に外から侵略され続けているのだと警告するようだ。

2021/12/01

たか

辻村深月氏は名も無きハラスメントに名前を付けた、「闇祓」、それは闇を振り撒き他人を不快にする行為。辻村氏初の本格ホラーミステリ。 第一章で原野澪のクラスに転校して来た白石要、澪は彼の異様な距離感に恐怖する。澪は先輩の神原一太に相談するが·····。 序盤から心がザラつき、現象の意味もわからないまま第二章へ。第一章とはテイストが変わり第二、第三章へと短編が続きかなり読み進めて「あっ」と気が付き最初から読み返す。最終章での伏線の回収は見事。 「闇祓」は日常的に身近に潜み、恐怖の闇へと誘う。 ★★★★✩ 4.0

2022/01/30

刃の下に心あり

★5つ。めちゃくちゃ面白くて一気読みでした♪心情描写が上手な辻村さんによる心理系ホラーとくれば…リアルすぎてゾワゾワ感がたまらないです。日常の何気ないシーン、そこでどんな心理の駆け引きが行われているかを非常に上手く表現されていて、ああ分かる~と相槌打ちながら…ゾクッとさせられました。途中まで短編集のような感じもしましたが、最後に全てが繋がって伏線回収も素晴らしかったです♪これはフィクションなのか?と思ってしまうほど、身近に起こりうる…いや既に蔓延しているようなお話だと思いました…怖いけど面白かったです♪☺

2021/11/03

感想・レビューをもっと見る