読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

庭は私の秘密基地

庭は私の秘密基地

庭は私の秘密基地

作家
銀色夏生
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-01-28
ISBN
9784041119990
amazonで購入する Kindle版を購入する

庭は私の秘密基地 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

バニラ風味

銀色さんは、以前、宮崎と都内のお家を行ったり来たりの暮らしをしていました。2021年、宮崎に帰ってきて、今まで人任せにしていたお庭の手入れを自分で試行錯誤。雑草の花の素晴らしさを新発見したり、今まで植えていた植物を見直してみたり。香りにこだわった植物を植えたことや、窓を額縁として、見える風景を重視することなど、とても参考になりました。庭や植物、風景のカラー写真もとても美しい。ガーデンニングをする人には、こういう本、勉強になると思います。

2022/03/21

ひなた

庭造りの写真エッセイ。植えた木がだめになったり、植えていない花が咲いていたり、思い通りにはならない植物との共存ですが、それも丸ごと楽しんでいるのが伝わってきます。

2022/03/06

ぱせり

「今、庭は自分で生き始めてる、と感じます」ああ、そうか。庭が生き生きとするように手を貸してやることが庭仕事なのだね。結果、人も気持ちよく過ごせる。「私と庭は共存して、ゆっくりと生きていきます」という言葉は、なんて気持ちがいいのだろう。 人も庭も気の合う相棒を得て幸せそうだ。

2022/02/24

アルパカ

いつも「つれづれ」で読んでいた庭がこの本のたくさんの写真で全体像がわかるようになりました。広いなあ、それにこうしてみたけれど失敗しました、枯れてしまいました、など正直に書かれていていいなあと思いました。バナナの木はものすごく勢いがあってどんどん増えていくこと、キュウリグサという小さくて青い可愛い花があることを知りました。石の蛇口、レンガの立水栓など可愛い。

2022/04/01

さくは

庭づくりエッセイ。カラー写真多数。20年ほど前、子どもの頃住んでいた宮崎に家を建て、庭を作った著者。東京と宮崎を行ったり来たりの時期を経て4年前に改めて庭づくりに着手、去年の春からは宮崎へ戻って暮らしている。ハーブ園、水鉢、バナナの根との戦い、塀の補修、手づくりの田の神さあ、テラスと石アートなど。広い庭。

2022/04/29

感想・レビューをもっと見る