読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

警官の道

警官の道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

7人の作家の書き下ろしアンソロジー!どれも期待通りのワクワク感でこのままシリーズ化になって続きが読みたい話ばかりだった。ザックリ私の心を試されるような葉真中さん、中山さん、下村さん。絶対にその後が知りたい深町さんに柚月さん。何とも言えぬ怖さを感じた呉さんに、シスター強すぎて笑ってしまった長浦さん。いろんな警官がいた。あぁ、幸せな読書だったが、次はもう少し長いのを読みたい。どこまでも我儘な読者です私。

2022/01/11

モルク

7人の警察小説名手の作家さんによるアンソロジー。葉真中顕氏「上級国民」死亡事故の加害者は現知事の甥で次期県知事候補。公安刑事が知った真相は。深町秋生氏「クローゼット」えーっ?この題名ってそんな意味があるの?一歩前進した萩野刑事、頑張れ!長浦京氏「シスターレイ」予備校教師の玲の本当の姿が格好いい!柚月裕子氏「聖」は「孤狼の血」のスピンオフかな。どの作品もその作家さんらしさに溢れ堪能できた。

2022/08/26

まちゃ

7人のミステリー作家による警察小説アンソロジー。警察小説と一口に言っても作家さんによって色々な切り口があるものですね。人気作家の競演を楽しめました。自分の好みは、葉真中さん「上級国民」、下村さん「見えない刃」、柚月さん「聖」。分かりやすい刑事ものが好き、ってことですかね。

2022/01/29

みどどどーーーん(みどり虫)

なんという豪華な作家陣✨短編とはいえ、どれも完成度が高くてとても楽しめた。最初の葉真中さん「上級国民」でさすが!と先の他作品へのワクワク感増し。最後の柚月さん「聖」で安定の"いいなぁ〜"感で終わる順番も良かった。深町さんの「クローゼット」、長浦さんの「シスター・レイ」は改めて長編で読みたいくらい好み。特に深町さん、警官の話でこの「クローゼット」はその意外な視点と切なさがたまらんですなぁ〜。とても満足な読後感の一冊。

2022/05/24

あすなろ

計7人の作家陣に依る警察小説のアンソロジー。結論から言うと美酒に酔いしれた感あり。そしてどれも甲乙付け難く。ウイスキーには無数の種類があり、オーセンティックバーへ行くとマスターに尋ねながらどれもこれも頼みたくなり、その大きなテイストや薫りの違いに舌が驚く事となるが、正にそんな味わいや雰囲気なのである。ジャパニーズウイスキー・テネシーウイスキー・アイラモルト・スコッチ・ブレンテイッド等どれも良い。これは警察小説好きであればどなたにもオススメである。

2022/04/17

感想・レビューをもっと見る