読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天下を買った女

天下を買った女

天下を買った女

作家
伊東潤
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-04-28
ISBN
9784041121696
amazonで購入する Kindle版を購入する

天下を買った女 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

伊東 潤は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。日野富子は知っていますが、彼女が主人公の物語は初読です。凄まじい時代を生きた女傑の物語、「天下を買った女」というよりも「貸金業の女」でした(笑) https://www.kadokawa.co.jp/product/322109000594/

2022/05/26

とん大西

室町カネゴン、稀代の守銭奴にして悪女。それが日野富子の印象(大河では三田佳子さん。人物相関がややこしくて途中で見るのやめましたが)。力を蓄えた大名と権勢欲にまみれた幕閣が牛耳る応仁の世。もはや将軍の威厳も塵芥。荒れる都に飢える民。そんなカオスな時代。御台所・富子の役割は…。財務大臣から街金まで。スーパーマネープロデューサーの劇中の彼女。それでいて慈愛に溢れ乙女な面も。聡明だったことは確かでしょうが、ホントの素顔はどうだったのでしょう。戦国時代に加速させたのか、僅かな静謐に助力したのか。趣のある一冊でした。

2022/06/07

のぶ

日野富子の生涯を描いた作品。読んでみて富子本人や応仁の乱の元凶になった史実は知っていたが、それ以外の生涯については知らない事が多く、本書を読んで改めて知る事が多かった。応仁の乱は、富子が足利義政との間に最初三人の女児を生み、その後で男児を生んだところからその跡継ぎ問題が事の始まりだが、本当の事情はかなり複雑で、読んでいても難しかった。歴史上の悪女のイメージが強かったが、実際は経済にも明るく、当時の世の平和を願っていた人物だと知り、印象がかなり変わった。伊東さんの描く人物はいつも分かり易くて良い。

2022/05/10

のぶのぶ

 日野富子や応仁の乱のことを知っているようで、知っていない。今回、読んで流れを知る機会になった。伊勢新九郎(後の北条早雲)とともに銭貨を稼ぎ、富子なりに乱を沈めていく。土倉や酒屋、日明貿易による銅銭事情を知る。ここは、教科書だけではイメージできなかったところ。帝、将軍がいても、力がなく、乱をおさめられない嘆き。権力闘争、跡継ぎ問題、別荘を建てるなど、よくはならない。富子自身も帝と関係を持つ。一人で頑張っているが、頑張りきれない。著者の真骨頂、北条氏に繋がる0(ゼロ)の物語。北条早雲に繋がる。

2022/05/04

ひいろ

★★★

2022/06/08

感想・レビューをもっと見る