KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

警視庁アウトサイダー The second act 2 (角川文庫)

警視庁アウトサイダー The second act 2 (角川文庫)

警視庁アウトサイダー The second act 2 (角川文庫)

作家
加藤実秋
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-12-22
ISBN
9784041131169
amazonで購入する Kindle版を購入する

警視庁アウトサイダー The second act 2 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

ドラマが始まった登場人物たちがそれぞれの俳優さんに完全に脳内変換だわ。蓮見光輔だけがイメージが違うんですけど…。「時効五日前」はベテラン鑑識係の仁科にある事件の真相を解くように依頼された架川が蓮見、水木と共に時効五日に迫った事件の犯人を追い詰めていく。いつもは脇役の仁科が今回は鑑識の腕前を本領発揮。鑑識って日進月歩でハイテク技術が進むので日々大変だな。過去の事件のあらましとか、警察用語の解説的なことは新人刑事の水木への説明のおかげで読者は多いに助かる。3人の関係からますます目が離せない。続編が楽しみ!

2023/01/31

達ちゃん

いろんな人間関係がわかってきて面白い展開に。次で気持ちよく完結なるか、楽しみです。

2023/12/25

混沌としてきましたね。そろそろ決着つけて欲しいような…。仁科さんの、アノ写真とは?あたしのアノ写真は、新入社員の時の社の忘年会の出し物の姿かも^^;

2023/02/25

きょん

second act1から気になっていたボールペンの正体が判明。自分の利益の為に孫を利用する黒幕にぜひとも報いを受けて欲しい。

2023/02/04

ハゲおやじ

第二幕の第2弾。今回は、鑑識の仁科が良い味を出していた。道を極めるとは、こういう事を言うのかもと思えた。何となく曖昧で不穏な関係の水木に対して、光輔の言ったセリフは、私にはカッコよく思えた。本作のラストで第二幕の結末への急展開を示した構成は、連続映画のラストの様だった。完結編?の次作に期待がつのる。…って、光輔の言葉/冷たく鋭い視線に 水木が動揺している様は、私には 当然だろ!と思え ちょっとスカッとした(私は異常なんだろうね)。次 読まなくちゃね~。

2023/07/12

感想・レビューをもっと見る