読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

美と共同体と東大闘争 (角川文庫)

美と共同体と東大闘争 (角川文庫)

美と共同体と東大闘争 (角川文庫)

作家
三島由紀夫
東大全共闘
出版社
KADOKAWA
発売日
2000-07-21
ISBN
9784041212080
amazonで購入する

美と共同体と東大闘争 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

図書館閉まって一ヶ月。息子高校時代蔵書から気になっていたこの一冊。映画館にも行けない代わりに。本当に知性のある人たちは、わかりやすい言葉で語れると思う。その意味で、難しい言葉を並べたてる彼らに合わせる三島の方が上手だと感じた。天皇陛下に対する発言は聞くに耐えない。彼らはその後なにをなし得たのか?気になり、共闘を調べてみて驚愕。ゾクッとなった。対談の一年後に彼が自決した時、彼らはどう思ったのか知りたい。元共闘出身者。猪瀬直樹、塩崎恭久、仙石由人、上野千鶴子、坂本龍一、テリー伊藤、橋爪 大三郎、等々。

2020/04/04

とくけんちょ

これは討論といっていいものだろうか。動画も見てみたが、正面から向き合っているとは言い難い。ぶつかっているようで、寸止めのような、真剣さが伝わらなかった。どこまで本気なのか。自己満足の自慰行為か。でもでも、ニホン、ニッポンの在り方について、最高学府の学生たちがここまで寄り集まり、考えようとしていることは心強く感じる。面と向かって、今の窮状を考えようとする、必要なことだと思う。

2019/06/05

A_kiriko

この時代の熱気が伝わってくるようで、学生達の凶暴な眼差しが、なぜだか懐かしい感じもする。討論と言ってもお互い言いたいことを言ってるだけ。でも読んでいて思ったのは「三島、余裕だな…」ってこと。以下は「ドグラ・マグラ」から、九州帝国大学の正木博士の学位論文より引用。「これが偉大なる『脳髄のイタズラ劇』でなくて何であろう。『物を考える脳髄』が『物を考える脳髄』に自作自演させた一大恐怖ノンセンス劇のドン詰めでなくて何であろう」「この大悪魔「脳髄」の怪作用…ノンセンスの行き止まり…アンポンタンの底抜け…」こんな本。

2019/06/25

パトラッシュ

三島由紀夫が226事件の青年将校に心酔していたのは、アメリカに媚びへつらい天皇制廃止を免れた(と三島には見えていた)結果生まれた平和憲法下の戦後日本の不純さが嫌でたまらなかったからだ。その意味で全共闘の学生たちは、立場は正反対でも純粋に明日の日本を案じる同志に思えたのでは。難解な漢語や哲学用語だらけだが、憂国の知識人による文字通りの真剣勝負が展開されている。1000人余を前に一歩も引かず切り結ぶ三島に対し、学生たちも政治家や教師に対するのとは違う敬意を払っている。公開される記録映画を見に行くのが楽しみだ。

2020/03/19

おおにし

映画を観て三島の熱量に圧倒され、帰り道の本屋で早速購入。活字で読んでみると、三島の発言に漲る言葉のパワーをさらに感じることができた。しかも学生の挑発的な発言に対して一つ一つ丁寧に対応している三島の紳士ぶりに感銘を受けた。学生と共闘したいという彼の気持ちは本物であった。非合法の暴力による革命を肯定する三島の発言は自衛隊クーデターを実行する覚悟がこの時すでにあったことを示しており、この討論記録は貴重な資料であると思う。

2020/04/05

感想・レビューをもっと見る