読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

むかし・あけぼの 上 小説 枕草子 (角川文庫)

むかし・あけぼの 上 小説 枕草子 (角川文庫)

むかし・あけぼの 上 小説 枕草子 (角川文庫)

作家
田辺聖子
出版社
KADOKAWA
発売日
1986-06-11
ISBN
9784041314166
amazonで購入する Kindle版を購入する

むかし・あけぼの 上 小説 枕草子 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

面白かったです。おせいさんの描く『枕草子』は、清少納言の心の中が一気に爆発しているように感じました。有名なエピソードから、小説という形に膨らませ、その想いにはユーモアがたっぷり含まれているように思いました。下巻も読みます。

2018/07/21

aika

これまで日本の文学史に燦然と輝く『枕草子』の著者としてしか捉えていなかった清少納言その人が、田辺さんの魔法にかかると、生き生きとしたひとりの女性として目の前に現れたかのように感じられます。中宮定子との聡明な掛け合いや、貴族の男性たちとの軽妙な冗談など、勝ち気でチャーミングな清少納言を通して、宮中を覗き見している夢を見ているような心地になりました。夫・則光との不思議な関係性は特に、田辺さんの描写が光ります。疫病の蔓延といった世情や、藤原家の相関図も物語の力で整理できて、平安時代の歴史により興味が持てました。

2021/04/07

coco夏ko10角

清少納言が登場する小説を読メで見てると「『むかし・あけぼの』の方が面白かったなぁ」みたいな感想がいくつもあったのでずっと気になっていた作品。読んでみると確かに面白い~。この小説の清少納言(海松子)のノリ好きだな。そして一緒に中宮定子さまにうっとりする。物語上の枕草子の扱い方もいい。下巻は辛い展開が続くと思うけど、のんびり読み進めていきたい。

2015/06/11

みみずく

清少納言が語り手の「小説・枕草子」ひょうきんで洒脱な歌人だった父に可愛がられた清少納言。好奇心旺盛で身の廻りのことすべてに、人に興味があり、そのことを書き付けていた。その草紙が中宮定子様に認められて感性が通じ合う人に出会えた清少納言の喜びにとても共感した。夫・則光はいい奴だが、清少納言に宮仕えの話が来たのに「鬼と娘は隠れているのがいい」と言ったりどの時代も変わらないものだなぁと思った。煌びやかで雅な世界が心地よく、氷室冴子の「なんて素敵にジャパネスク」を読みたくなる。

2014/04/09

がらくたどん

諸田さんの和泉式部を読んでいたら、お聖さんの海松子ちゃんに会いたくなった。カバーが取れても捨てられない本。迸る好奇心と知識欲を持ちながら「フツー」だからと人妻やっていた海松ちゃんが宮中にパートに出て最高煌めき上司の中宮定子様と出会い、かの「清少納言」になっていく。平安女子のブラッシュアップストーリー。「枕草子」を下敷きに藤原一族の強権政治と権力争いのゴタゴタも交えつつ、それでも「知恵と機転の丁々発止って最高!楽しい!」とばかり「自分って、まんざらでもないわ」と自分を励まし突き進む海松ちゃんが清々しい。

2021/02/19

感想・レビューをもっと見る