読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくはプレスリーが大好き (角川文庫 緑 371-1)

ぼくはプレスリーが大好き (角川文庫 緑 371-1)

ぼくはプレスリーが大好き (角川文庫 緑 371-1)

作家
片岡義男
出版社
KADOKAWA
発売日
0000-00-00
ISBN
9784041371015
amazonで購入する

ぼくはプレスリーが大好き (角川文庫 緑 371-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

harvest moon

片岡義男の名著。50年代から60年代のアメリカをエルビス・プレスリーの 登場から経済、社会、ベトナム戦争やロック、カントリー、ブルーズ等の音楽を背景にして書き上げたもの。ヒッピーが豊かなアメリカの中でも一番豊かだったという記述には頷かざるを得なかった。この人、本当に凄いと思う。 本の入手は難しいので改題した、青空文庫の「エルヴィスから始まった」は無料で読めます。

2015/06/25

Osamu Tawada

再読。 片岡義男さんが、1970年の夏のふた月ほどの期間を使って書き上げたロックンロールやブルース、そしてアメリカについての膨大なメモ。 俺も頭の中のモノを引っ張り出して、メモを取らないといけないんだけどなぁ、って強く思う。けど才能が……f^_^;

2015/11/03

悸村成一

途中は、エルヴィスの話ではなく、やはりロックを米国の文化や社会の観点から考察している頁じゃあるまいか。背景として、かな。3刷1979年。94

2015/05/13

感想・レビューをもっと見る