読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272))

作家
林真理子
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
1985-10-31
ISBN
9784041579046
amazonで購入する Kindle版を購入する

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫 (6272)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

面白かったです。悩みやコンプレックスを明るく書いており、コミカルに感じさせます。色々あったことを全て昇華し、現在の林真理子ができているんだなと思いました。時代を感じるところはありますが、肉食で前向きな姿は天晴れです。自虐的で毒舌で赤裸々だからこそ自分を変える力があるんですね。ここまで生々しく告白するのかと思うと赤面ものですが。

2016/08/12

たつや

図書館で借りたこの本は昭和57年発行の古いもので、多くの人に読まれたであると、容易に想像できる程傷んでいた。林真理子は昔、アグネスチャンとオオゲンカした記憶がある。後はずけずけ物言うブスなおばさんというイメージ。最近では文芸賞の審査員をしている。その程度の人であり、好きでも嫌いでもなかったのが、確か柚木麻子の作品かインタビューに、本作のタイトルが出てきて読みたくなり読了。とにかく、さらけ出した書きっぷりに笑いが止まらない。一言で言えば痛快です。現代風に、リメークしてもうけそうです。ネタは無限にある。

2016/10/26

のぶのぶ

カドフェス2018の1冊だが、林真理子さんの原点なようなエッセイ。すでに文庫本も35年以上も前の初版の本。あとがきの「拍手が全くこないストリッパーはかなりみじめなような気がする。だから私の裸体を見て、顔をそむける人もいるかもしれないが、なるべくたくさんの人がピーピー口笛を吹いて喜んでくれるといいなあ。」がこの本を表している。古風なところもあり、体にコンプレックスもありながら、私は私、「ヒガミ、ネタミ、ソネミ」も赤裸々だが、あるあると思ってしまう。その人その人のよさを生かしていくのが一番かなあ。面白い。

2018/09/23

りいこ

出版された当時(あとがきを見ると35年前!!)は、今まで女性が書かなかったような本、だったわけですよね。女性の僻みや妬みをネタにした本は少なかったのでしょうか。生まれてもいないのでピンと来ません…時代を感じます。内容自体は古くささをそれほど感じず、面白く読めました。良い意味で林さんがあまり変わってないのかなぁ、なんて。それにしても、林さんと私では性格がまるきり違う…。そのパワー分けてほしい(涙) 「美少年は公共のもの」には妙に共感です(笑)

2017/02/11

koromo

近くの本屋で夏の角川特集で積まれていたのと、装丁が綺麗だったので。 確かにコロンブスの卵だ。私にとって時代的に林真理子っていまいちピンとこないけど、これは確かに先駆者だ。いまの一般人のブログやツイッター表現のようなものを、1982年にやってのけていたのだ。30年先取りだ。 開拓者だ。パイオニアだ。すげぇ。

2018/08/26

感想・レビューをもっと見る