読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

海のある奈良に死す (角川文庫)

海のある奈良に死す (角川文庫)

海のある奈良に死す (角川文庫)

作家
有栖川有栖
出版社
角川書店
発売日
1998-05-21
ISBN
9784041913024
amazonで購入する Kindle版を購入する

海のある奈良に死す (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nobby

作家アリス4作目。いやぁ終盤一気に導く結末はお見事!「行ってくる。『海のある奈良』へ」死者の遺した言葉を探る展開は、内田作品思わせる旅情ミステリで驚く。事実と合わない地名とともに、セイレーン・シレーヌ・八百比丘尼など人魚伝承語る様にもビックリ!その分、なかなか話が進まないジレンマもあるけど…ただ、明かされてみれば伏線のトンデモなく丁寧な回収に感銘するばかり。何にしても、このトリックやら仕掛けは昭和生まれには懐かしくも若者は意味不明だろうな…あとがきで著者自ら触れるアソコのアレはもちろん検索してニヤリ(笑)

2019/06/14

ダイ@2019.11.2~一時休止

作家アリスその4。海のある奈良から始まる謎。人魚伝説なんかも出てきて面白かった。

2013/10/14

これは面白い!!作中の『人魚の牙』と本作『海のある奈良に死す』が重なった瞬間が特に良かった。「海のある奈良」や「人魚」をググりながら読みました(* ̄∇ ̄*)でも収穫はあまりなく…。トリックがとても良くて、読んでて楽しかったです♪

2016/02/26

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

推理作家・有栖川有栖の戦友である推理作家・赤星楽は取材旅行中、何者かに殺害される。有栖川有栖は赤星楽を追悼する為、英都大学社会学部犯罪社会学・火村英生助教授に協力を依頼する。有栖川有栖と火村英生助教授は赤星楽が立ち寄った場所を縦横無尽に捜査する。しかしながら、なかなかヒントは見付からない。ビックリ仰天する叙述トリックやミスリードは少なめかもしれない。わたしは真犯人を見破れなかった。一応、伏線は詳しくある。動機そのものは、とてつもなく切ない。罪を憎んで人を憎まず、だね。ミステリーなのに感動しちゃう。

2019/07/04

苺仲良

作家アリスシリーズ4作目。所謂トラベルミステリーというやつだろうか、西へ東へ駆け巡り「海のある奈良」の謎を解明するという展開が個人的に新鮮で、家にいながらアリスたちとミステリーツアーをしているようでめちゃくちゃ楽しかった!穏やかな旅情の中に巧妙に敷かれた伏線にはまるで気付かず、予想外の犯人に驚き、哀しい動機に打ちのめされた。ただ、関西在住にも関わらず関西の地理に疎いことや、90年代のアイテムに全く詳しくない為、肝心のトリックにピンときておりません。ビデオのくだりとかちんぷんかんぷんですわ。すまんな、先生。

2020/06/09

感想・レビューをもっと見る