読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人形の墓―美内すずえ作品集 (角川ホラー文庫)

人形の墓―美内すずえ作品集 (角川ホラー文庫)

人形の墓―美内すずえ作品集 (角川ホラー文庫)

作家
美内すずえ
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784041924020
amazonで購入する

人形の墓―美内すずえ作品集 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いさらこ

『黒百合の系図』『泥棒シンデレラ』『人形の墓』『孔雀色のカナリア』この文庫化は多分初だけど、話は全て既読。鬼姫と人形は怖いし、孔雀は追い詰められるサスペンス。表現は古いけど、リメイクしたらネタとしては、今でもいけそうだと思います。

2014/10/12

読み人知らず

THE少女マンガ。だよね^^うそがばれる話が一番怖いなあ。うそはいかんよね。

2012/12/05

のりすけ

アナベル人形(死霊館)とタメ張れるよ!

2014/03/16

アレ

「孔雀色のカナリア」がよかった。探偵役のうざさがもう……

2011/02/22

隣ラ

収録作品すべてが「泥棒」要素を持つ作品集。主人公はそれぞれ(自覚のあるなしにかかわらず)主家の権力を盗み、他人の才能を盗み、母親の愛情を盗み、自分のものになるはずだった境遇を盗む。盗めないものがあるのだと逆説的に信じさせてくれる『泥棒シンデレラ』、紫陽花色の雨に救いを見出す『孔雀色のカナリア』は幸不幸の対比が特に感動的。今、すごくしあわせだと思える。

2014/07/24

感想・レビューをもっと見る