読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

会いたい (角川文庫)

会いたい (角川文庫)

会いたい (角川文庫)

作家
北川悦吏子
MAYA MAXX
出版社
角川書店
発売日
2006-10-25
ISBN
9784041966259
amazonで購入する Kindle版を購入する

会いたい (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月乃雫

BOOK OFF3日間限定20%オフで買った一冊。MAYA MAXXさんの絵と題名にひかれて買った詩集。絵を楽しみながら、サラっと読める。ちょっと切なかったかな。 学生の頃、詩集が大好きでたくさん手元にあった。そういえばあの詩集たちはどこにいってしまったのだろう…

2015/08/16

那智@灯れ松明の火

【再】恋愛真っ只中の高校時代に買った記憶。MAYA MAXXさんの絵も可愛くて、恋愛モード全開な北川さんの文章も素敵なんだよね。売ろうかなあと思ったけど、すきだったのでやっぱり手元に置いておこう♪いつかまた誰かと恋愛することがあったら、そのときにまた読み返したいな。

2012/03/25

七月

あくまで飾らない言葉で書かれた恋の詩たち。普段口にするような言葉や思うことを形にしてイラストを与えた感じ。さすが恋愛ドラマの名手と言うだけあって、感動するというより、スッと自然に入ってくる感じがします。恋をしている人なら思うところがあるかも。MAYAMAXXさんのイラストも力強くもはかない感じがしていい。タイトルは、原題の方が好きだったかも。

2013/01/14

mayuri(Toli)

恋の詩集。飾らない言葉で綴られる様子が胸を打つ。恋愛に興味は無いし、恋という感覚がいまいちわからないけれど、恋してる人にとっては、それは一大事なんだなというのがわかる.電話苦手なので、恋の詩集って電話の詩が多いのがなんだか面白い。

2021/06/03

チカッティ

私が好きなMAYA MAXX氏のイラストという事で 手に取ったのですが、 予想以上に心奪われてしまいました。 言葉を紡ぐのは北川悦吏子さん。 あまりドラマを観ない私が ドラマを気に入る理由が分かった気がします。 そうなの。 あたしの代わりに全ての言葉が 書いてある。 そんな切なくやさしい恋の詩集です。 あの人に「会いたい」時に読んでしまったら 苦しいくらい胸に来ます。覚悟して。

2006/11/09

感想・レビューをもっと見る