読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Xの悲劇 (角川文庫)

Xの悲劇 (角川文庫)

Xの悲劇 (角川文庫)

作家
エラリー・クイーン
越前敏弥
出版社
角川グループパブリッシング
発売日
2009-01-24
ISBN
9784042507154
amazonで購入する

Xの悲劇 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

かなり大胆に手掛かりが散りばめられ、それらをロジカルに収斂していく解決編のカタルシスが凄まじい。意外な犯人、計画性の高い犯行、そして捜査経過の描写を退屈させない工夫と、傑作になるべくしてなった一作。ドルリーレーンが新訳でどのように描かれるかを楽しみにしていたが、とても若々しくてダンディ。ただし倫理観ダルダル。そこは安定。どう考えても第2の犯行は防げた筈が、知的欲求を満たす事優先&それでは小説として短かいという大人の事情で死体が増えていく。しかしあのタイミングでの解決だからこそレーンのデビューは華々しい。

2016/09/15

Kircheis

★★★★★ 超有名な「レーン四部作」の一作目。 主役のドルリー・レーンが、60歳であるにもかかわらずカッコ良く描かれており、更に性格の良さも持ち合わせている点が魅力的。 3つの殺人いずれも運要素が強い(特に2つ目)のが突っ込みどころではあるが、種明かしシーンのロジカルさはカタルシス満点だ。 自分は『Yの悲劇』派ではあるが、本作もミステリ好きなら必読の一冊だろう。 というか、四部作全部が必読かも(笑)

2019/09/24

ふうらいぼう

海外ミステリー小説の人気投票をすると上位にランクインする有名な作品。「満員電車内での殺人」という設定がドキドキする。そして3つの「意外なトリック」に驚く!論理的に推理して真相を導く名探偵ドルリー・レーンの推理があざやか。ただ、1932年に発表された小説なので、今となっては文章にやや古くささや読みにくさを感じる人がいるかもしれません。私はこの本気に入ってます。

2016/10/21

yu

Kindleにて読了。 やっとエラリーのこの作品を読んだ。徐々に徐々に犯人に迫っていく感じが面白い。

2018/09/17

ふうらいぼう

海外ミステリーの人気作品ランキングによく登場する有名作品。満員電車の中で殺人事件が発生する。被害者のポケットからは毒が塗られた針が無数にささったコルク玉が発見される。 そして第2、第3の殺人がおきる…。奇想天外でびっくりするようなトリック等はこの作品にはでてきません。それよりも「現場に残された証拠を元にして、論理的な推理により犯人を導きだす」という本格ミステリーの醍醐味が味わえます。このような本格推理小説をまず読んでみたいという方におすすめです!

2015/03/18

感想・レビューをもっと見る