読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

第四の核 (下) (角川文庫)

第四の核 (下) (角川文庫)

第四の核 (下) (角川文庫)

作家
フレデリック・フォーサイス
篠原慎
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784042537106
amazonで購入する

第四の核 (下) (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

ハラハラドキドキ。爆弾が読者に提示され、後はタイムリミット。同じように核弾頭を小説にしても、Sハンターのような小説にもFフォーサイスのような小説にも。奥が深いな。リアルさもさることながら、描写が緻密で引き込まれる。オーロラ作戦の成否を分けたのは意外な一手だった。にしても、今はロシアウクライナ紛争中。この小説のソ連はなかなか抜け目がないのだが、現実のロシアは随分と士気が低くて失敗続きのようだ。

2022/04/18

hit4papa

ソ連がイギリスに仕掛けた西側諸国に大ダメージを与える罠「オーロラ」。下巻では、いよいよその内容が明らかになります。ここでそれを明らかにしてしまうのは野暮というもの。驚愕の作戦のヒントは邦題に表されています。現実的なものであるかは判然としませんが、それを疑う間もなく、俄然、ストーリーの展開が早くなってきます。上巻のじれったさを我慢した先に読書の愉悦あり。ソ連、イギリス双方の諜報合戦の行く末は?ハラハラドキドキのクライマックス、そしてその先には捻ったオチが待っています。各諜報機関内の権力闘争の結末も納得です。

2018/01/30

James Hayashi

冷戦時代の賜物で古さはあるが、緊張感があり面白さは抜群である。イギリスで行われる諜報活動に核を織り込んだストーリー展開。かなり複雑な人間関係はリアルさがある。

2020/04/08

對馬 正晃

ラストに向けて面白さがどんどん加速していくのは、デビュー作「ジャッカルの日」からブレない作風ですね。その分、前半は我慢の読書になりますが。それにしても、あんな危険物の作製方法を事細かに書いちゃって良かったんでしょうか・・・?寛容な時代だったのかもしれませんね。

2022/03/18

印綬

邦題が『第四の核』なので、核の種類がポイントになるのかなと読み始めたが結局誤解だった。ここは読者に仕掛けたトラップだったのかも(本文では第四議定書と正しく訳されている)。とは言え中身は登場人物が駒のように動かされ続け、スピーディーな展開で面白かった。30年前のスパイ小説なのに全然古くささを感じない。青山繁晴氏の、核を小型化してアタッシュケースに云々…に似た話も出てきたけれど、技術的に可能なのだろうか。映画化済み。

2017/11/10

感想・レビューをもっと見る