読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きょうも上天気 SF短編傑作選 (角川文庫)

きょうも上天気  SF短編傑作選 (角川文庫)

きょうも上天気 SF短編傑作選 (角川文庫)

作家
フィリップ・K・ディック
カート・ヴォネガット・ジュニア
大森望
宮尾和孝
浅倉久志
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2010-11-25
ISBN
9784042982135
amazonで購入する

きょうも上天気 SF短編傑作選 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

浅倉久志という名前はいくつか読んだ本で覚えていましたがSFの分野では有名な翻訳者だったのですね。ここにはその訳された9編の短編が収められていて読みやすい気がしました。「オメラスから歩み去る人々」でインパクトを受け、「ひる」は星新一の「おーい、でてこい」をなぜか思い浮かべました。またこの本の表題作はかなり不気味な感じを受けました。どれも印象に残りました。

2019/10/08

sin

海外ではハインライン、日本では小松左京が僕の好きなSF作家だった。忘れていたけど翻訳家の浅倉久志は、そのころからずっとかわらず僕の好きな作家?(翻訳家だけど作家!)だったんだ。その当時親しんだ作家たちが次々と鬼籍に入っていかれる 合掌

2012/02/23

空猫

'10年に逝去された翻訳家、浅倉久志氏が訳したSF作品から大森望氏が選りすぐりを編んだ一冊、なぞ面白くない訳はない‼『ひる』は「風船怪獣バルンガ」、『きょうも上天気』は「うる星やつら」に、他にも数多くの作品に影響を与えた作品ばかり。核戦争、人口の爆発的増加、食料不足、ユートピア、タイムトラベル…この時代のSF作品って雰囲気も好みだったり(^^)『空飛ぶヴァルプラ』『明日も明日もその明日も』状況は恐いのにどこかコミカルで楽しい。掲載しきれなかった他の作品が解説で多々紹介されているのでまずそれから読もうかな。

2018/05/09

日向とわ

きょうも上天気の怖さは格別。コーラルDの雲の彫刻師は詩のような美しさだけど面白さがイマイチぴんとこない。ロトの非情な終わり方は忘れ難い。既読は3編でした。

2015/05/04

ニミッツクラス

10年の本体629円の初版を読んだ。朝倉氏追悼大森氏編で、朝倉氏訳の9編を収録。カバーも頁数も良い。大御所の有名作品に加え、ワイマン・グイン、ビクスビイやアレステアでない方のレナルズ、ムーアなど短編に味のある作家の作品を編んだ。レナルズはもう一編載せて欲しかったが…朝倉訳は本作だけのようだ。表題作とル・グィンの「オメラス…」は多数対一人の、先ずは設定ありきの問答無用の構図ながら、その対極的な内容に心打つ(感動とも違う)ものがある。バラードのコーラルDはヴァーミリオン・サンズ物の金字塔的一編。★★★★★☆

2017/11/01

感想・レビューをもっと見る