読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

裸のサル―動物学的人間像 (角川文庫)

裸のサル―動物学的人間像 (角川文庫)

裸のサル―動物学的人間像 (角川文庫)

作家
デズモンド モリス
Desmond Morris
日高敏隆
出版社
角川書店
発売日
1999-06
ISBN
9784043259014
amazonで購入する

裸のサル―動物学的人間像 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

父から勧められた本。人類文化学、文化人類学、自然人類学で学んだことを裏付けるような「人間」という裸のサルという種を他の動物の例と比較して共通点や相違点を見出し、考察している。

2012/08/07

ひさしぶり

動物行動学的な観点から人間を体毛のない〈裸のサル〉と位置づけいかに動物本能を残しているか ブラックジョークのような語り。女性が読むのは抵抗が少々ありますが、ヒトの文化的行動の裏に原始的な行動の応用編みたいなものをみます。目上の人に「アッ○○さん」目下に「オッ○○くん」がサルも同様てな話の展開期待したけど、ちと方向性が違った。表紙は稚拙ですが大雑把にはそんなモンです。

2019/07/31

マーブル

万物の霊長とも言われる人類を裸のサルといささか侮蔑的とも言える表現で呼ぶ作者の意図は、人類の未来に対する楽観論に対し、ヒトの生物学的な特徴を強調することにより我々が持っている限界の本質を示そうとする試みである。訳者が述べるように、そこには必ずしも同意できるものばかりが書かれているとは言えないが、一つの見方として検討する価値はある。そもそもヒトを語るにおいて、生物学的アプローチだけでなく、心理学的であっても、社会学や経済学にしろ何にしろ、ひとつの視点からだけ見てしまうのは片手落ちになるのは当然のことだろう。

2019/10/12

赤い熊熊

ドーキンスと同じく動物行動学者による人間の生来的な特質について書かれた本。類人猿や霊長類、他の哺乳類との比較から進化生物学的に我々の行動に意味付けがなされていく。ルソーやカントの阿呆を一蹴できる強力さを持っている。法学者にせめて人間本性について科学的に知ろうとする謙虚な態度があったなら、不条理な現行の法はなかっただろうと思う。

2013/12/12

山像

人間のセックス、育児、闘い、食事といった行動特性が進化的・本能的な動物由来の起源を持っているということを、動物学者が概観するポピュラーサイエンス。本書の存在は社会生物学論争の文脈で知ったのだが、動物的な起源があるという命題から「故に人間はこのように行動するべきだ」という価値基準を持ち出すことは避けているという印象を受け、慎重な筆運びだと思った。 あとは人間の行動を敢えて動物観察のようなスタイルで記述する異化と、少し直訳風の翻訳による異化がいい具合にマッチしていて、良い翻訳SFと同様の面白さがあった。

2015/04/24

感想・レビューをもっと見る