読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風車祭 下 (角川文庫)

風車祭 下 (角川文庫)

風車祭 下 (角川文庫)

作家
池上永一
出版社
KADOKAWA
発売日
2009-10-24
ISBN
9784043647071
amazonで購入する Kindle版を購入する

風車祭 下 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Shoji

マブイを落とすってどういう感じなんだろう。そもそもマブイってなんだろう。単にスピリチュアルなものではないようだ。沖縄に生まれ育った人しか分からないのかも知れない。いや、そうであって欲しい。この物語、読み終えてから徐々に、徐々に浸み込んできた。ええ物語やん。お年寄りを大切にすること、自然を敬うこと、土地の民俗や文化を大切にすること、人生何事も前向きに考えること、などなど色々学んだ。

2017/12/06

そふぃあ

『パガージマヌパナス』から池上さんの沖縄小説は2作目。毎日ごろごろしぶとく生きる登場人物や摩訶不思議な出来事を見ていると、どんどん「我が心の沖縄」への憧れが膨らんでく。 沖縄の習慣が面白可笑しく分かる。クセが強くて正直読むのに苦労した小説だったけど、何だか物語が終わるのが寂しかった。豚のギーギーやフジオバァは憎らしいのに憎めない

2017/03/31

佐藤

一気に読んでしまった。それぞれのキャラがよく、沖縄の風習なども書かれていて面白かった!読み終わってからもいい感じでした。石垣に行ってみたくなる物語です。

2018/05/13

miroku

おもしろうてやがて悲しき・・・。自然と人と精霊とが、南国の濃厚な大気の元に同居する。異国情緒を味わいつつも、どこか懐かしい気持ちになる。

2012/08/09

ちゅら

ピシャーマよ、永遠に(*^_^*)

2013/08/15

感想・レビューをもっと見る