読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏化粧 (角川文庫)

夏化粧 (角川文庫)

夏化粧 (角川文庫)

作家
池上永一
出版社
KADOKAWA
発売日
2010-05-25
ISBN
9784043647095
amazonで購入する Kindle版を購入する

夏化粧 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナイスネイチャ

読友さんの感想に惹かれて。産婆によって出産時に掛けられたまじないが原因で、息子が母親以外見れなくなってしまった。まじないを解く方法は「陰」の世界へ行き、他人の願いを七つ奪ってくること。下手すればエゴといわれてもおかしくないぐらい母親の子を思う気持ちの深さ。ラストは切ない・・・。残された子供は母親の暴走も受け止めるぐらいのおおらかな人々に守られて育っていくでしょう。南の島の空気感も良かったです。

2016/01/17

shizuka

大好きな一冊。幾度となく読んでいた。子を思う母の行動。許されない部分もあるけれど、それくらい激しい気持ちで母は子を守りたいと思うのであろう。傍若無人に振る舞ってきた母に訪れた最後の決断。そうなるのか。切ないが納得のいく終り方だと思った。残された子はきっと立派に育って行くはず。スピード感、展開、物語の作り方、そして沖縄の空気や文化も散りばめられていて申し分ない。読書初心者へ勧めやすい一冊。池上さん未読の方も是非。友へあげてしまったため、手元にはないのだが、また読みたくなってきた。そろそろ2冊目買おうかな。

2015/12/10

T-MIYA

津奈美がどんどん追い込まれていく様は読んでて辛かった。各所で笑えるシーンもありますが、それでも結末は切ない。母の子どもへの愛は、恐ろしいほどに力強く優しい。物語中に出てくるハスキー犬は、作者の過去がモチーフのようですね。あとニチニチ草のくだりも別のエッセイ集に出てきてます。池上さんの、この作品への思い入れがうかがえます。

2013/08/05

ダグラスまま

意地悪ババア萌え、というジャンルを確立した(と私は思っている)池上永一さん。今回のババアは産婆で、赤子に意地悪なまじないをかけます。若い母親が息子へかけられた透明人間のまじないを解きにいく物語。沖縄ファンタジー面白い。母親が全力でみんなの願いを奪いとり、じいさんと仲良くなって、でもすぐに思いっきり裏切るのは爽快?である。井戸の入り口から陰の世界へ行き、願いの炎を奪うなんていうところは村上春樹さん的な感じもする。井戸、石はいろんな作家さんに異界への扉として扱われているような気がするのだけど、なんでだろう?

2013/05/03

マリ

津奈美がどうしても好きになれなかった。願いを奪われるということは死ぬことと同じことだと感じる人もいるはず。夏樹に対して躊躇ないところがなんとも悲しい。

2013/09/14

感想・レビューをもっと見る