読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風の音が聞こえませんか (角川文庫)

風の音が聞こえませんか (角川文庫)

風の音が聞こえませんか (角川文庫)

作家
小笠原慧
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2010-10-23
ISBN
9784043705030
amazonで購入する Kindle版を購入する

風の音が聞こえませんか (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

葉芹

多分今月最後の読了本。風邪薬でぼおっとなったまま読み終えた。あり得ない、あり得ない、と、思いつつ、杉浦君の魅力に負けて。

2012/07/31

yakinori

統合失調症の青年と女性ケースワーカーの闘病の過程を描いたお話だと思って中盤くらいまで読んで、違うということにやっと気付きました。これは恋愛小説ですね。想像もつかなかったラストには好感をおぼえました。

2015/04/17

ちばと~る

心理カウンセラーのヒロインが引きこもりの青年宅を訪問。やがて二人は激しい恋に~精神的に不安定な彼は予知能力を駆使して競馬でボロ儲けするが~そんな彼女にも過去のディープなトラウマが~先の展開が読みやすくてある意味面白いw

2010/12/18

イチ

★☆☆☆☆。うわー、ダメだコレ。私には合わなかったよ…。まず、主人公が好きになれなかった。なんだか勝手に自分から泥沼に嵌まっていって、周りの人を巻き込んでいくというか…なんとも身勝手な女性にしか思えなかったです。杉浦に対しても佐伯に対してもすごく中途半端だし。佐伯がどうしてこの主人公を好きになったのかイマイチよくわからん。恋愛小説を読んでこんなにも主人公に共感出来ずにイライラしたのは、マディソン群の橋以来かも。最後、杉浦が幸せになれたことが唯一の救いです。

2012/05/23

アマンダ

統合失調症の方を扱った小説を探して、この本にたどり着きました。まぁ、現実はこんなに甘くはないのでしょうね。筆者さん、男性だったのですね。

2021/05/29

感想・レビューをもっと見る