読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不自由な心 (角川文庫)

不自由な心 (角川文庫)

不自由な心 (角川文庫)

作家
白石一文
出版社
角川書店
発売日
2004-04-24
ISBN
9784043720026
amazonで購入する Kindle版を購入する

不自由な心 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遥かなる想い

主人公は三十代から四十代の大手企業の社員達だが、 白石一文のこの本は男性視点すぎて 女性からは 反感を買いそうな短編集になっている。ある意味 ほろにがく現代を描いているのかもしれないが、『一瞬の光』のような切なさはない。

ワニニ

【再読】男の人は、ロマンチストなんだろうなと、改めて。普段、表面的に見たらわからない、その男の心の奥底を、理想を、素直に著した小説だと思う。女、特に妻目線で見ると、怒鳴りたいほどだけれど、愛人目線で見たい私は、出てくる男たちが愛おしい。心はかくも不自由なものか。否、心は自由だから、苦悩する。でも、それが人生か。

2014/10/12

ミカママ

久しぶり、そしてデビュー作に続き2冊目の作家さん。直木賞も取ったのね。いやー切なかったです。カテゴリー的には恋愛小説なんだけど、年代的に自分に近い(よって結婚している)人たちの恋愛・・・。かなり身につまされます。小説読んではめったに泣かない私だけど、「夢の空」のラストのシーンではかなりじわっときました。

2012/10/10

KAN

久々の白石さんでした。らしい作品でした。何か読んでしまうんですよね。 ドロドロの内容ですが、なぜかスッキリ。

2015/05/17

まひはる

再読。正直今ひとつ。 この人の文章は肌に合うのか、とても読みやすいのだけど、この本は、メッセージが今ひとつ伝わらなかった。

2013/05/23

感想・レビューをもっと見る