読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バッテリー (2) (角川文庫)

バッテリー (2) (角川文庫)

バッテリー (2) (角川文庫)

作家
あさのあつこ
佐藤真紀子
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2004-06-25
ISBN
9784043721023
amazonで購入する Kindle版を購入する

バッテリー (2) (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ehirano1

MetallicaのBatteryを聴いていたところ、そういえば確か「バッテリーII」は積読のままだったな、とwww。思春期は難しいですね、巧だと尚更かも。でもこの難しさや登場人物各々の葛藤にページを捲る手が止まりません。おそらく当方の何かしらの共感や苦い思いが重なるのでしょうね。実は人生っていうのは総じてずっと『思春期』なのかもしれないのでは、と思った次第。

2020/07/18

再び読書

どこまでもストイックに投手にこだわる巧、その巧の球を受けるキャチャーとしての喜びや使命感を感じ悩み揺れる豪。オトムライの指導に徹底的に反発する巧により、野球部の眠っていた問題点が動き出うす。一筋縄ではいかない野球部、想像に反して未だに試合に辿り着かない。少しじれながら、次巻に進んでいく。

2012/12/08

hitomi.s

一人だった世界が、誰かが近くに居ることで開けていく。感じ方が違うってことは、近しい人でも勿論ある。そこには、歯がゆさとかもどかしさもある。イライラ。ムカムカ。ジリジリ。「そういう考え方もあるんだー」と受け入れられるようになるのは、何故だろう。タイミング?信頼している人だから?あの視界が広がる感覚。忘れずに居たい。「これって児童書なんだよな」と思いつつも、やっぱり面白く再読。

2021/03/08

PSV

あとがきに持ってかれた。いや、本編はもちろん素晴らしいのだけど、あとがきの、あさのあつこの心意気というか、意気込みというか、作品に対する想いが、熱くて熱くて熱くて熱い。本編は4つ星ですが、あとがきもふくめて5つ星評価。  ★★★★★  青波可愛いよ青波。あと、先生とじいちゃんの会話が凄く好み。巧は相変わらずです、が、豪とのシンクロ率(別名:BL率)はさらに高まりましたとさ。ところで、そろそろ試合始めようぜ(苦笑)

2012/10/02

ehirano1

「他人に対する憎しみや怒りを愚痴にした覚えは一度もなかった。そんな無様な方法で解消するより、憎しみも怒りも直接相手にぶつける方がずっとましだ。或いは、自分の中に溜め込んで、いつか粉々に砕いてしまえばいい」。そうなんですけどね、そういうわけにもいかないんですよねぇ・・・。でも、粉々に砕くっていうのは良いですね。当方は砕き方が不十分なのかな???

2021/11/14

感想・レビューをもっと見る