読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バッテリー (2) (角川文庫)

バッテリー (2) (角川文庫)

バッテリー (2) (角川文庫)

作家
あさのあつこ
佐藤真紀子
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2004-06-25
ISBN
9784043721023
amazonで購入する Kindle版を購入する

バッテリー (2) (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ehirano1

MetallicaのBatteryを聴いていたところ、そういえば確か「バッテリーII」は積読のままだったな、とwww。思春期は難しいですね、巧だと尚更かも。でもこの難しさや登場人物各々の葛藤にページを捲る手が止まりません。おそらく当方の何かしらの共感や苦い思いが重なるのでしょうね。実は人生っていうのは総じてずっと『思春期』なのかもしれないのでは、と思った次第。

2020/07/18

再び読書

どこまでもストイックに投手にこだわる巧、その巧の球を受けるキャチャーとしての喜びや使命感を感じ悩み揺れる豪。オトムライの指導に徹底的に反発する巧により、野球部の眠っていた問題点が動き出うす。一筋縄ではいかない野球部、想像に反して未だに試合に辿り着かない。少しじれながら、次巻に進んでいく。

2012/12/08

PSV

あとがきに持ってかれた。いや、本編はもちろん素晴らしいのだけど、あとがきの、あさのあつこの心意気というか、意気込みというか、作品に対する想いが、熱くて熱くて熱くて熱い。本編は4つ星ですが、あとがきもふくめて5つ星評価。  ★★★★★  青波可愛いよ青波。あと、先生とじいちゃんの会話が凄く好み。巧は相変わらずです、が、豪とのシンクロ率(別名:BL率)はさらに高まりましたとさ。ところで、そろそろ試合始めようぜ(苦笑)

2012/10/02

やなせ きお

梅の木とお話しよったん?青波の独特な表現が各所に光る。入部を渋る巧。それに付き合う豪。学校の規則。それに対する反発心。クラスでの有り触れたやり取り。豪と巧の初めての喧嘩。監督と洋三の再会。野球部への練習に混じりだすと巧の強気な性格や監督の贔屓目にも見える態度に先輩から目を付けられてしまう。一見こんなことがと思えるが意外と起こり得ることなのだとも思った。豪の手厚い介抱。巧は豪の前だと素直に怒ったり泣いたり弱みを見せたりできるんだな。学校に通う以上学校側の方針に従わざるをえないのが道理。それでも野球がしたい。

2014/09/14

優希

中学を舞台に繰り広げられる野球部の物語は、根性と共に憧れを感じました。中学に進学した巧と豪は野球部に入部。それぞれ軋轢はあるものの、それぞれの意志で野球を本格的に始める第一歩を踏み始めたのだと思います。そして、巧と豪はバッテリーとしてこれから活躍してくれるのだと思うと続きが楽しみになりました。

2018/09/16

感想・レビューをもっと見る