読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベトナムぐるぐる。 (角川文庫)

ベトナムぐるぐる。 (角川文庫)

ベトナムぐるぐる。 (角川文庫)

作家
k.m.p.
出版社
角川書店
発売日
2005-05-25
ISBN
9784043727025
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベトナムぐるぐる。 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野のこ

こ、細かいっ!虫めがね片手に楽しみました。エピソードを読んでほんと「安くて汚ないホテルに挑戦する旅」に思えるほど大変そう。20年前くらいのベトナムは凄まじい!体当たりな旅。意地悪な人もいれば「あなたたちは私の妹」と言ってくれる素敵な出会いもあったり。ポインセチアは木なんて知りませんでした。小さな写真からはよく分からず。実際に見てみたいです。

2017/08/16

milk tea

k.m.p. さんが余すことなく全部伝えたいという気持ちがいっぱい詰まっているというのが文字で感じられる。面白いことは面白いんだけど、日本でも屋台が苦手な私はベトナムはムリかも。

2018/09/15

ヒロユキ

ちっちゃ!字がちっちゃ!ほんとに字がちゃいちい…(笑)。…文庫じゃなくて単行本買えば良かったー。本屋さんで実際に手にとってパラパラやってたら買う前にそんなことわかったのに…。…閑話休題…ベトナムに感じる良いところ、悪いところを、歯に衣着せぬ物言いで語るが言葉遣いが少しきつく感じる。しかし、良いところや、きれいなものばかりを書き連ねるガイドブックなどよりは臨場感が感じられる。「下痢も、旅の要素のひとつ。気にしてたら何も食べらんない。」という割り切り方には感動を覚えた。

2013/02/11

みぃな

今回は失敗したーー。字が小さすぎて眼鏡と拡大鏡ダブルでも難しいので、癒されるイラストとちょっとだけわかる文章で楽しんだ。 トイレ話がこんなに書かれた本て珍しい。ベトナムは町中がトイレなのか?!人間の本来の姿を目の当たりにする感じ。日本人とは違う感覚だけど、郷にいっては郷にしたがえ精神でないと楽しめないぞって知った。(*^^*)

2017/09/26

つむ丸

モロッコ編が楽しかったので、探して借りた本。しかし、熱量すごいなベトナム・・ここまで好奇心を抱えて入っていけない。驚愕したり感心したり。もう20年近く前の内容だし、この国も変わっているだろうか。多少サービスはよくなったとも聞くし。行ってみたい、でも恐ろしい。人が一番おもしろく、怖い、とこのk.m.p.の旅日記を読むといつも思う。しかし文字小さいなぁ。老眼鏡必須だ!

2017/03/17

感想・レビューをもっと見る