読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

竜宮歳事記 どんとの愛した沖縄 (角川文庫)

竜宮歳事記 どんとの愛した沖縄 (角川文庫)

竜宮歳事記 どんとの愛した沖縄 (角川文庫)

作家
小嶋さちほ
出版社
角川書店
発売日
2006-01-25
ISBN
9784043813018
amazonで購入する

竜宮歳事記 どんとの愛した沖縄 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

山田太郎

バンド名がかっこいいと思ったローザルクセンブルク。ゼルダは結構リアルタイムで聞いた。ミュージックマガジンで小嶋さちほさんがアルバムジャケの感想コーナーが好きだったなと。沖縄移住が夢なので、うらやましいなと、海の近くの平屋の一軒家に住んでみたい。無理だろうけど。

2020/03/25

アレカヤシ

ずっと前、この本が出た時に読んだのを忘れていた。手元に本が来るまで分からなかった。耄碌した。沖縄礼讚の文章が鼻について少し苦手な感じ。著者のスピリチュアル系大好きなのはどんとが死ぬ前からだったんだなぁと今さら気付いた。とっても入り込み易い人だなぁと思う、沖縄とかインドとか・・ 今回、この本を開いてやっぱりどんとの絵は好きだなぁと。ガロ系?の絵。

2017/08/26

2Tone

つい本屋で見かけて買ってしまいましたが、本当に読むのかな〜とも思ったのが、正直なところ。ローザもボガンボスも聞いたことあったし、生でも見たことあった気もします。(少なくてもどんとは見たことあります。)実際は、ZELDA好きだったので、チホさんとどんとがってことで、興味はありました。沖縄に惹かれて移住したどんととチホ、若い時はそうでもなかったけど、今となってみれば、肯定したくもなります。ZELDAファンとしては、解散のきっかけとなってしまったのだけれど、、、

2016/04/09

ひびキング

学生時代にローザに衝撃を受けボガンボスのダイナマイトに火をつけろ、をレパートリーにしていた。彼が亡くなったのは就職してから、もう私も結婚していた。家族旅行で行く沖縄はそうディープなところに行くわけにも行かないが、この本が文庫で出た前回は何カ所かどんとの足跡を辿ることもできた。今回はタタバザールでCD買おう!

2013/10/09

shin

どんとさんは不思議な人だ。どんな人だったのかがイメージできない。ふわっと雲みたいな感じ。

2013/02/17

感想・レビューをもっと見る