読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鬼神曲 考古探偵一法師全の不在 (角川文庫)

鬼神曲 考古探偵一法師全の不在 (角川文庫)

鬼神曲 考古探偵一法師全の不在 (角川文庫)

作家
化野燐
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2011-05-25
ISBN
9784043944224
amazonで購入する Kindle版を購入する

鬼神曲 考古探偵一法師全の不在 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はらぺこ

ジオンのモビルスーツやったらオモロかったのに(笑) 桃太郎の鬼のモデルが産鉄民って話を聞いた事があるけど、誰が言い始めたんやろ?

2013/03/21

ひめありす@灯れ松明の火

前の巻に比べると読みやすさも格段に上がり、これにて一安心。と思いきやう~ん、トリックが……。久々にこんな樞廻しのトリックを視ましたよ。古屋くんが師匠の一法師先生を思い出しながら一生懸命不器用なりに推理をするのだけれど、なかなか惜しいところまで行っているのに、ゴールまでたどり着ききれないその惜しさが可愛らしいですね。鉄鋼民=鬼という考えが随分自分の中で明確になっていたので、それがすべてではないというのはそうだ、何もかも信じ切っちゃいけない、自分の頭で考えなきゃ、ともう一度思いました。それにしても表紙が……!

2012/03/13

nins

アルバイト古屋君がまたもや巻き込まれた事件。今回の遺跡は山陰地方の古墳。地元大学の同好会メンバーと一緒に遭遇する怪しい影。前作が余りにもな展開の凝縮だったため、少し様子見なところもあったが、2巻はまだ余裕がある。ミステリにとっては王道ともいえるクローズドサークルで起こる殺人事件。探偵役の一法師全が不在という副題の通りの展開。呉が探偵の役割を演じていく。古屋君はあたふたと事件に巻き込まれ役。パッとしなかったのは、千装文化財研究所メンバーも出番がなかったりしたのもあるかと。固定メンバーの深堀が読みたいところ。

2011/09/08

miroku

産鉄民幻想に軽く一撃。考古学ライトミステリーと銘打ちながらも、常にこの一撃を忘れない姿勢が良い♪

2013/04/10

藤月はな(灯れ松明の火)

(主人公についての毒舌感想ですので好きな方は注意してください)自分で考えるようになったものの古屋君の自分の主観のみで物事を捉えているのは相変わらずでした。学問は難しくても客観的視点が必要であり、主観は事実や情報を誤って選別し、捻じ曲げる可能性があると言いますが古屋君はそれを体現していて張った押したくなるほどいらいらしました。自分だけが孤独だと思い込むことは嫌味で自己憐憫して酔っているだけにすぎません。今回は呉さんが人間味があったのが素敵でした。そして笹野さんは幸せになってくれることを祈らずにはいられません

2011/08/23

感想・レビューをもっと見る