読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミュージック・ブレス・ユー!! (角川文庫)

ミュージック・ブレス・ユー!! (角川文庫)

ミュージック・ブレス・ユー!! (角川文庫)

作家
津村記久子
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2011-06-23
ISBN
9784043944477
amazonで購入する

ミュージック・ブレス・ユー!! (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

音楽に依存した女子高生の高校生活の話!映画『リンダリンダリンダ』みたいな感じで、バンドを組んで、あーだこーだと盛りあがる話だと勝手に思い込んでて、読んでみたら、まったく違う話でした(笑)女子高生アザミのちょっとずつ大人の階段をのぼって成長する話でし(^^;)ちょっと読みにくかったんですが、趣味があるっていいよねと思い、そして、ひとつの事にこんなに取り込めるアザミが羨ましいです。さらにチユキの破天荒さが、いい味だしてました(^^)BGMにはガガガSPがいいかな(^^;)

2016/11/13

ゴンゾウ

なんて書けばいいのだろう。青春小説と言えばスポーツやバントや何かにぶつかって成長する話や恋ばなをイメージするがこの作品は全く当てはまらない。音楽を聴くことが好きな少女の普通の日常を描いてる。バント活動がうまくいかず聴くことに逃避するアザミ。自ら何をするけどはなく流されるだけのアザミ。流されながらも刻々と近づく卒業。周りは進路を決めるのに自分だけが取り残される。だがもどかしいくらい少しづつ賢くなっていく。いらいらしながらも共感する自分がいた。ラストページがとても心に響いた。兵庫氏の解説も素晴しかった。

2017/02/05

はたっぴ

学生時代のキラキラギザギザした気分を思い出した。青春の息吹や戸惑いや危なっかしいものが行間からこぼれ落ちてきて、それを掬い取るのが難しく、いつものように感情を揺さぶられる津村作品。大人になったら纏うものが増えて、自分をさらけ出すことは少なくなった。私は成りたかった大人になれたのかな?と瑣末なことを考えたり、若い頃に貫きたかった意地だとか正義を懐かしむ読書となった。主人公アザミのように人生を支えるアイテム(ここでは音楽)を持つ人は、たとえ不器用でも強くてしなやかだ。私も音楽と読書に支えられて大人になった。

2017/05/23

コットン

黒いプラスチックフレームのメガネをかけ、背が高く赤い髪の毛で、総体的にがちゃがちゃした雰囲気のばかそうな悪目立ちだけどパンクロック好きなJKアザミが主人公の大阪弁による音楽好きの青春小説!最後の所で環状線のホームでの1分ほどの待ち時間にアザミの頭の中では音楽が鳴っていた。と、やっぱり!。津村さんは音楽好きなのが良くわかる

2018/01/17

のんき

高校生の女の子、アザミ。勉強より、毎日パンクロックの音楽三昧。ときどき、嫌なこともあるし、勉強とかできなくても、友だちと音楽があればなんとかなります。勉強も大事だけど、勉強以外に何かひとつ、好きなもの、熱中できるものがあるっていいなって思いました。わたしも高校生ぐらいのときは、CDとか買って聴いたりしたことを思い出しました。音楽や歌詞で、学校では習わない人生とか、恋愛とか大事なものを学んだかも

2018/07/05

感想・レビューをもっと見る