読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

西田幾多郎 言語、貨幣、時計の成立の謎へ (角川ソフィア文庫)

西田幾多郎 言語、貨幣、時計の成立の謎へ (角川ソフィア文庫)

西田幾多郎 言語、貨幣、時計の成立の謎へ (角川ソフィア文庫)

作家
永井均
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784044001841
amazonで購入する Kindle版を購入する

西田幾多郎 言語、貨幣、時計の成立の謎へ (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

何かを語るのに、それ以上深部に進めず、核心にたどりついたと思ったら、逆に包囲されていた、それも自分自身に、とでもいうしかないような構造になっているという理解でいいんだろうか。「私」を「場所」としてとらえることは、図柄の文様と地が逆転するルビンの壺みたいな発想だと思った。A系列・B系列は、まるで違うものなのに、現実の時間はどちらもありの、まさに矛盾の重ね合わせだと思える。基本的で単純なものこそ、語るのは困難。

2018/12/03

ころこ

著者の開闢の哲学を参照枠にしているので、注意が必要です。私界未分を突き詰めると、西田の境地は言語化できない。カントにあたるのが、今回は1章のデカルトです。2章では、例によってウィトゲンシュタインが登場します。東洋哲学っぽいウィトには、直接経験を分節化されていない音声で表すという段階があります。経験という言葉は意味を持ち得るのだと。西田は反対に、経験は言葉と独立に意味を持ち得る。著者は、西田が純粋経験の内部にそれ自体が言語を可能ならしめる構造があると考えて、西田哲学の本質を言語哲学だと展開させます。

2019/12/10

ころこ

冒頭の『雪国』の冒頭にある文章が、ウィトゲンシュタインの幾何学的な目を持った<私>=世界となる視点と同じものだという着想から出発しています。画面のフレームの無い視点という比喩は、今回にこそあてはまります。「知即行」も意識を認めない分析哲学の議論に似ています。デカルトの私と西田の私も、『青色本』の「ウィトゲンシュタイン」<私>の議論と重なります。著者の西田理解によれば、直接的自己意識は各々が持っているため、主語の統一ではなく、「述語の統一」によってその視点は存在することになります。西田の言葉でいえば「純粋経

2019/01/24

イプシロン

西田哲学に見られる、私=世界、私=他者、神=悪魔、生=死のように、相対するあるいは矛盾するものは同一性をもっているという論理はなかなかに壮大だ。再販された本書には付録にて、言語(善=悪)、貨幣(による交換)、時計(現在・過去・未来)にも、そのような西田哲学の肝である「絶対矛盾的自己同一」が適用できるということを語っているのだろう。私=他者で語るなら、ふつう私と他者は個別の存在と見るが、絶対無という場を共有することで矛盾しながらも同一化する。その場のことを意識ともいうといえるか。

2019/08/31

イプシロン

再読してようやく西田哲学の凄さと問題点がぼんやり見えてきた気がする。問題点は西田哲学が宗教的純粋体験といったものからスタートしているだけに、哲学という枠組みのなかで語り切れていない部分であろう。凄さは、哲学は自分の頭だけで考えるものではなく、他者との関係性で考えるべきものという道を開いたところであろう。私の底にある絶対無と他者の中にある絶対無が触れあい、それまで概念化されていなかった汝と私という概念が作りあげられる。なぜそんなことが出来るかといえば、そのヒントは言語にある。

2019/09/02

感想・レビューをもっと見る