読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

初歩から学ぶ生物学 (角川ソフィア文庫)

初歩から学ぶ生物学 (角川ソフィア文庫)

初歩から学ぶ生物学 (角川ソフィア文庫)

作家
池田清彦
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-23
ISBN
9784044003982
amazonで購入する Kindle版を購入する

初歩から学ぶ生物学 (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まーくん

”生きているってどんなこと?”、”心はどこにあるの?”、”人はなぜ死ぬの?”・・。「初歩から」という意味がとても”深い”。易しく議論を進めながらも、生命に関する非常に根源的な疑問について考える。進化についても、”形態の変化は全て突然変異と自然選択で、徐々に環境に適応していった結果”とするより、むしろ、適応以前に形ができてしまって、その形に適応した生息場所を探したと考えた方がいいのではと。祖先がカバの仲間の陸棲生物であった(!)クジラが海に入った例も挙げ説明。考えさせられることが多くありました。

2019/06/15

こなな

題名の通り、生きているってどんなこと?から始まる。目次から入るとわくわくする。ある意味不死身なクマムシについても興味深く記してある。私は、カナダアカガエルについて思い出した。冬に凍結されてそして春になり12時間かけて血は再び流れ始め心臓が鼓動を始める。甦るのだ。心臓は細胞分裂しないので癌にならないとか(特別な筋肉でできているから。)mRNAについても記してある。この本は2019に修正されているものである。今、真っ最中のトピックでもあるコロナワクチンに封じ込められているものである。iPS細胞のこととか・・

2021/04/11

じゃがー

高校時代に数学と理科を潔く諦めた私は、ヒトゲノムをショッカーの怪人か何か?と勘違いするレベル(イカデビル?)だが、そんな私にも分かりやすく生物の不思議を教えてくれる本書。「新聞に出てくる理系の話題が分かる程度に」という著者のスタンスが嬉しい。生命の誕生からヒトへの進化の過程までを網羅し、雄と雌が存在する必然性や、昆虫は3000種もいるのにヒトは1種しかいない謎、など興味深い話題をユーモアを交えながら楽しく解説してくれる。なんだかんだ難しい専門用語も出てくるが、それらをスルーしながら読んでも十分楽しめた。

2019/03/21

tsu55

そもそも生きているってどんなことなのか? 心はどこにあるのか? ヒトはなぜ死ぬのか? なぜ性はあるのか? 素朴な疑問に答えながら、生物学の基礎を体系的に教えてくれる。 何十年前かに学校で習った生物学とは考え方が違っている部分もあり、 目からウロコの読書体験を味わった。

2021/02/09

しょうゆ

生物学の本当に初歩的な本なのだろうけど、生物選択ではなかった私には難しい部分もあった。とはいえ全体的にわかりやすく説明されているし、軽い気持ちで読むにはちょうど良いボリューム。特に興味深かったのは、性がなぜ存在するのか?という謎と、医療関係の話。性については当たり前すぎて考えたこともなかったことなので特に面白かった。

2019/11/08

感想・レビューをもっと見る