読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

稲生物怪録 (角川ソフィア文庫)

稲生物怪録 (角川ソフィア文庫)

稲生物怪録 (角川ソフィア文庫)

作家
京極夏彦
東雅夫
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-24
ISBN
9784044004972
amazonで購入する Kindle版を購入する

「稲生物怪録 (角川ソフィア文庫)」のおすすめレビュー

まるでおばけのカタログ!「稲生物怪録」は妖怪好き必読の基本文献だ

『稲生物怪録』(東雅夫:編・京極夏彦:訳/KADOKAWA)

 江戸時代中期、現在の広島県三次市でとんでもない騒動が巻き起こった。

 武士の少年、稲生平太郎の家に夜な夜な妖怪が現れて、1か月にわたって彼を脅かし続けたのだ。今日では一般に稲生物怪録(いのうもののけろく)と呼ばれるこの騒動は、人名や地名がはっきりと特定されていること(平太郎は実在の人物である)、事件のスケールが大きいこと、出現した妖怪のバリエーションが豊富で、数も多いことなどから、日本最大・最高の妖怪伝説ということができる。

 古くから人びとの関心を惹きつけており、巌谷小波、泉鏡花、稲垣足穂、水木しげるなど名だたる文豪・マンガ家たちも、稲生物怪録をモチーフにした作品を残してきた。

『稲生物怪録』(東雅夫:編・京極夏彦:訳/KADOKAWA)は、この出来事を知るうえで欠かせない基本文献を収録した画期的アンソロジーだ。

 稲生物怪録を記録した文献としては、平太郎本人が書き残したとされる「三次実録物語」と、平太郎の同僚だった武士がまとめた「稲生物怪録」の2つがあるが、本書はその両方を親しみやすい現…

2019/8/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

稲生物怪録 (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

以前から読みたかったけれど手に入らなかった「稲生物怪録」が角川ソフィア文庫で出版されるとは!ありがたやありがたや。「三次実録物語」と「稲生物怪録」の細かな点が一致しなかったり、巻物の文章と絵が微妙に違う点は多々あります。しかしストーリーにワクワクし、伸びやかな妖怪の絵に見惚れてしまいます。絶賛です。めっちゃおもしろい!!

2019/10/12

イトノコ

1749年。三次藩(現広島県)に住む平太郎は、肝試しをきっかけに1月に渡り怪異に襲われることに。その端末を記した稲生物怪録を現代語訳。京極夏彦さんの名前に惹かれて購入。次から次へと起こる怪異に対し、しかし少しもビビらず華麗にスルーする平太郎にそりゃ魔王も困り果てるというもの。一方の怪異の方も直接危害を加える気もないようで(舐めまわしたり部屋を掃除したり、床がベタベタしたり…)冒頭の絵巻を見てもなんだか間が抜けててユーモラス。ホラーながら楽しめた。ところで「ぬら孫」の山ン本さんの元ネタはこれなのね。

2019/11/24

あーびん

仲間との肝試しの翌日から、平太郎少年の屋敷に1か月にわたり訪れる物の怪や怪異の記録。稲生平太郎は実在したからこれは江戸時代の怪談実話ともいえる。まぁ、相手もよくこんなの思いつくなあと奇想天外でユーモラスな嫌がらせの数々。そして迎え撃つ平太郎も「気持ち悪いから寝た」「頭にきたので寝た」と肝の座っているのが面白い。私の好きな話は3人の虚無僧がやってきて尺八を吹いて居座るが、吹いている格好だけで音がまったく出ていないやつ。なんでエア尺八(笑)もちろん平太郎は「気にせず寝た」

2019/09/17

はじめさん

心霊スポットでウェーイwwwやらかした16歳の広島武家男子。すわ祟りか夏の1ヶ月の間、夜な夜な妖怪変化の襲来。げっそりするかと思いきや、豪胆で乗り切る。ついには手打ちじゃあ! と三千世界の大魔王降臨。イニシエーション通過の証として、魔王召喚の槌を賜る。これ、実話で子孫や槌も残っている。/ 大二病の想い出。かつてヤングキングアワーズで「ヘルシング」休載かぁ…ん、この「朝霧の巫女」面白くね? 平成稲生物怪録…ふぅん元ネタがあるのか…色んな作家がカバーしとるやんけ。よっしゃ卒論は泉鏡花の「草迷宮」も組みこもう!

2019/09/05

春風

稲生物怪録と通称される一連の物語以下3作を、訳文にて収録する。①『稲生物怪録絵巻』②『三次実録物語』③『稲生物怪録』。①は、稲生物怪録の世界観を端的に表した、フルカラーの絵巻物。②は稲生物怪録の体験者、稲生武太夫自身が書き残したとされる物語。これを京極夏彦が現代語訳し再話する。③は、稲生武太夫の同僚・柏正甫が聞き取りによりまとめたという、第三者視点最古の文献を、編者・東雅夫の手により逐語訳したもの。江戸時代人が想像の限界に挑戦したかのような、ありとあらゆる怪異が起こり、主人公はひたすら気にとめず眠る噺。

2020/04/01

感想・レビューをもっと見る