読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本の最終講義

日本の最終講義

日本の最終講義

作家
鈴木 大拙
宇野弘蔵
大塚 久雄
桑原武夫
貝塚 茂樹
清水幾太郎
遠山啓
中村元
芦原 義信
土居 健郎
家永 三郎
鶴見 和子
猪木 正道
河合隼雄
梅棹忠夫
多田富雄
江藤淳
網野善彦
木田元
加藤周一
中嶋 嶺雄
阿部謹也
日野原重明
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-03-27
ISBN
9784044005566
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本の最終講義 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

trazom

日本を代表する23人の知の巨人たちの「最終講義」を集めた一冊。最終講義は各先生の個性が出るから面白い。只管自分の業績を自慢する人、研究内容を専門的に深く紹介するだけの人、研究分野を包括的に語る人、これからの人たちへの思いを述べる人など、この23編の最終講義もそうやって分類できる。私は、他領域や次世代の研究者への開かれたメッセージが語られる桑原武夫先生、遠山啓先生の講義に惹かれる。網野善彦先生の大きな歴史観にも感銘を受ける。また、阿部勤也先生が自画像という意外なテーマを通じて思いを語っておられるのにも脱帽。

2020/05/20

やまやま

trazomさんの感想に近いところも多いのですが、若干補足させていただきます。遠山氏が言及されたクレバー亡国論、ワイズな人物を求むを懐かしく拝見しました。女性は鶴見和子氏一人なのを寂しく思い、もう少し時代が下ってもよいから、例えば固体物理の米沢富美子氏やリスク学の中西準子氏など、理系の女性が入ると良かったなと感じます。大先生の何人かは自分史が強すぎて、私すごいんですよ感を強迫されお腹一杯になってしまった講義も結構多く、全部が読みやすいわけではないですが、網野氏や芦原氏、また阿部氏の講義等は納得度高いです。

2020/06/07

きおくあたま

網野善彦や加藤周一など気になる名前があったものだから、ついつい買いしてしまった。清水幾太郎のオーギュスト・コント、土居健郎の「わかる」論、河合隼雄のコンステレーション、木田元とハイデカー、そのほかにも家永三郎や江藤淳など、そうそうたるメンバーから多くの気づきを得ることができた。

2020/07/26

感想・レビューをもっと見る