読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

最高のおにぎりの作り方

最高のおにぎりの作り方

最高のおにぎりの作り方

作家
樋口直哉
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-03-30
ISBN
9784044005603
amazonで購入する Kindle版を購入する

最高のおにぎりの作り方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

理系的なようですが、味などは主観が基本で、科学データがあるわけではないのが残念です。ただ、おひつに移してよく混ぜてからおにぎりを作るとおいしい…という流れを再確認できるのは楽しいかな。カルボナーラは好みですが、やっぱり水に漬け置くパスタ調理法は、いまだに口に合いません。

2021/04/12

tetsubun1000mg

おいしさを理系的な視線から検証した本。おにぎりと黄身しっとりゆで卵で具体的に画像たっぷりで紹介してくれるのでよくわかった。

2021/04/11

碧雲- lukeminen

樋口 直哉さんのnoteで知った本。 おにぎり作りの蘊蓄。 たかがおにぎりとは言えない。色々と奥が深い。 おにぎりだけをお弁当にしたいときの参考本、この本の分量や時間を目安にして自分の好みを探すと楽しい。病院に診察に行くときの昼食は、この本を参考におにぎりを作ってます。

2020/09/01

ganesha

おにぎりや煮卵、本格カレーに煮魚など28品のレシピと、工程や分量の科学的な説明。トマトソースにコーヒー豆、一度試してみたい。揚げものの蓋にざるも。

2020/07/14

Tomoko

「最高のおにぎり」ではなく、「最高のおにぎりの作り方」について書かれている。おにぎりを包むにはラップか、アルミホイルか。ゆで卵は水から作るか、お湯から作るか。最後は自分の好みなのだが、真面目に研究して、数値化してもらえると参考になる。読み物として、面白かった。

2021/08/08

感想・レビューをもっと見る