読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本という方法 おもかげの国・うつろいの国 (角川ソフィア文庫)

日本という方法 おもかげの国・うつろいの国 (角川ソフィア文庫)

日本という方法 おもかげの国・うつろいの国 (角川ソフィア文庫)

作家
松岡正剛
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-09-24
ISBN
9784044006136
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本という方法 おもかげの国・うつろいの国 (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

松岡さんの文庫版千夜千冊が19巻で終了したようなので、この本を読んでみることにしました。日本という国を歴史的に分析しておられます。松岡さんが過去に読みこんできた様々な文献をもとに日本がどのような考え方などを基に今までに至ったかをわかりやすく説明してくれています。松岡さんにならいこれらの文献を少しでも読んでいこうと考えています。

2021/03/13

スプリント

日本文化論です。 博学っぷりにいつも驚嘆します。

2021/05/03

電波時計

セイゴオ流日本文化論。もともと自然環境や風土が多重多層な日本は、海外の文化をそのまま取り入れるのではなく、日本的編集方法ともいえるフィルターを通すことによって独自の文化を形成してきた。本書では先人たちが日本的編集方法をどのように活用して、日本文化を発展させていったのか、多くの具体例を列挙しながら詳しく解説している。日本文化は日本の歴史でもあり、その日本文化の発展過程を掘り下げた本書は、多くの人に読んでほしい1冊だと思う。要再読。

2021/02/06

感想・レビューをもっと見る