読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もっとヘンな論文 (角川文庫)

もっとヘンな論文 (角川文庫)

もっとヘンな論文 (角川文庫)

作家
サンキュータツオ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-07-16
ISBN
9784044006266
amazonで購入する Kindle版を購入する

もっとヘンな論文 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

rico

それがどーした、なんて言っちゃいけない。漱石がどこから松山行の船に乗ったかとか、カブトムシの起き上がり方とか、縄文時代の栗のサイズとか、花札の図像とか。インパクトファクターも科研費も関係ない。そこにあるのは対象に対する愛と情熱。仮説を立て、調べ、検証し、論文としてまとめた。それだけ。これが研究の原点。著者は、いや、なんでそのテーマを・・?と愛に溢れる突っ込みをしつつ、統計・観察・文献調査といった研究の手法をしっかりフォロー。実験要素薄めだったのがちょい残念ですが、前作と同様楽しませていただきました。

2021/04/30

びっぐすとん

【蔵書登録】110円本。図書館ハードカバーで読了しているが、文庫で見つけたら絶対買おうと決めていた本。在野の研究の面白さがギュッと詰まってて楽しい。「『坊っちゃん』と瀬戸内航路」はミステリー作品の足で捜査する叩き上げ刑事みたい。なにか「研究」したくなる本。

2021/03/29

秋良

どれもこれもインパクトが凄い。中でもプロ野球選手と結婚する方法がぶっちぎり。元の論文を読みたいと思ったのは「追いかけてくるもの」研究で、これはPDF化されてなかった。声出して笑ったのは競艇場のユルさ。この奇人がたくさん出てくるの、なんかに雰囲気似てるなと思ったらマツコの知らない世界だ。私の知らない世界はたくさんあるのだなー。面白いな。

2020/11/29

AU.Step

クセが強い!論文が次から次へ。傍から見ると本当に「?」な事の探究に力を注ぐ想いの純粋さには、尊敬の念しか抱けない。自分の興味のある、好きな事を徹底的に何年にも渡り調査して、結論に至るまでの過程を過ごすのは幸せな事なんだろうと思う。著者の研究者への眼差しも暖かい。続編を期待したい。

2020/10/19

カーンズ

軽くノンフィクションを読みたいな~と思って借りた初読み作家さんの本。これは笑いながら読めました! 論文って、何かとカタいイメージだが筆者が選んだのはまさに着眼点が面白い! しかし変さの奥が深くて研究者の熱意を感じます。章のタイトルを見るだけでも面白い。1つだけ挙げると「かぐや姫のおじいさんは何歳か」ある方の卒論で紹介されてました(笑)これだけで楽しめます♪

2021/01/26

感想・レビューをもっと見る