読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

増補 日本古代文学入門 (角川ソフィア文庫)

増補 日本古代文学入門 (角川ソフィア文庫)

増補 日本古代文学入門 (角川ソフィア文庫)

作家
三浦佑之
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-09-18
ISBN
9784044006532
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

増補 日本古代文学入門 (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れいまん

著者のセミナーでサイン入りで購入したもの 勇んで読む。古代人は現代人と同じとか、出来事に対応する行為や、行動、考え方も同じという説はその通りと思う 古典をよむのは現代を考える事だ!

2021/11/26

とむ

古事記、日本書紀、万葉集、日本霊異記などの古典の内容を紹介し、時代背景からの考察、その裏に隠された意図についてなどが分かりやすく論じられている。第一章の異界について、第四章の古代史のスキャンダルについてが興味深かった。

2021/09/30

あとがきで「入門書だから分量はほどほどにとか、だれでも知っている題材をとか、あまり刺激的なものは避けてとか、そのような配慮や忖度が入門書をつまらなくさせてきた」と語っているように、刺激的な筆致であるけれど、入門書という役割を逸脱していない(「入門」を標榜しながら読者を置いてけぼりにする本のなんと多いことか)。惜しむらくは、次のステップとなる本を薦めてくれない点だろう。

2021/10/27

感想・レビューをもっと見る