読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生老病死

生老病死

生老病死

作家
山折哲雄
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-05-19
ISBN
9784044006549
amazonで購入する Kindle版を購入する

生老病死 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

90ac

やはり朝の短時間に読むのに非常に良い。たくさんの有名な人物が登場するので再読でも飽きない。今回は最後の方に印象に残った部分がありました。第97話に「死は身分や貧富の差、運不運、幸不幸に関係なく“平等に”襲ってくる」「分け隔てがないゆえに、これほど残酷で“不平等”なものもない」と。「平等にやってくるけれど不平等?」ってどういうことなのか、考え込んでしまいました。が、半年前に40歳で亡くなった娘婿は少なくとも平均寿命まで生きていいはずなのに、なぜ生かしてくれなかったのか。そう思うと確かに不平等だと思いました。

2021/12/14

里愛乍

本書に度々出てくる「断食往生死」という言葉を見て、自分の祖母と数年前に看取った義母が頭に過った。寝たきり状態で数日間、断食の果て眠るように逝った彼女たちを思い出し、羨ましいと心底思った。自分も近づいているのである。「安楽死」はこれからも問われる課題になると思われるが、「老病死」の考え方は新鮮だった。また、時折挟まれる鴎外や漱石、谷崎など文豪のエピソードも面白く読めた。

2021/10/11

90ac

見開き2頁で一話、というのがいいですね。空いている時間に合わせて区切りを付けやすい。6つの章に分かれ「死生観」や「心」といったテーマを設定してあり、どの話も新鮮な感覚で読むことができました。ただ、最後の章で、西田哲学の話あたりから「絶対無」など難しくなり、理解できない所もありました。プロローグで「AIひばり」の話が出てきますが、エピローグでちゃんと回収されます。その中でカズオイシグロの「わたしを離さないで」について書かれていますが、私も読んで考えさせられた作品です。しかし、山折さんの解説は何とも難しい。

2021/10/25

ポコ

『断食による餓死』を理想的な人生の幕引きと言われる著者。確かに調べてみると「老衰」の症状では、睡眠時間が長くなり、食事も水分でさえ不要になるらしい。ただ年齢を重ねると、様々な病魔にも襲われ、それ程うまく行くことばかりではないのではないか?最後の場面で、頭と身体のギャップが大きい時に、人間はどうするのだろう、いや、どうすべきだろう。また家族もどう対応するのだろう。深く考えさせられる一冊でした。

2021/09/03

skr-shower

生も老も病も死も、軽いんだか価値があるのだかわからない1年半が過ぎてゆく。AIがすすむと生もまた歪む。

2021/07/22

感想・レビューをもっと見る