読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

作家
近松門左衛門
諏訪春雄
出版社
角川学芸出版
発売日
2007-03-24
ISBN
9784044011031
amazonで購入する Kindle版を購入する

曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

子供の頃にジュニア版で読んだ時は、ダメ男に献身的に尽くす女の機微や信頼していた人にお金を貸して貰っても返しさないどころか、ばっくれる心情も分からなかった。それは今も変わらない。苦界にいる女たちは惚れた男に夢を見るしかなかったのか。浮世では苦しくとも来世では・・・。そんな淡くも鮮烈な望みを抱く彼女達の儚さに対し、その場しのぎでやり過ごす内にのっぴきならない状況までに自分を追い込む男のなんて弱いことか。そして愛に殉じたと信じた女達の死に様の余りの惨たらしさは無念としか言えない。

2018/05/01

NAO

「曽根崎心中」なんといっても、足元の縁下に隠れている徳兵衛にお初が足の先で「一緒に死ぬ覚悟があるか」と確認する場面がいい。お初の優しさ、徳兵衛の無念さがにじみだすお初と徳兵衛の純愛の極みといったところ。「心中天の網島」恋仲の二人より、恋敵の遊女相手でも義理を通そうとする妻のおさんの心情が胸を打つ。一方、髷を切り落とし「もう坊主になったからには妻子への義理はない」と言ってのける治兵衛の薄情さ、身勝手さ。「曽根崎心中」の観音霊場巡り、「心中天の網島」の名残の橋づくしなどの「道行き」も五七調の流麗な文が美しい。

2018/05/14

れみ

近松門左衛門による浄瑠璃のなかから、心中や犯罪を扱った世話物三編。遊女とその客が恋仲になって抜き差しならない状況に陥って心中しよう…となるのはすべて同じ。同じだけどお芝居として見るにはそのパターン化されているところに安心感があるかも。だけど本文は義太夫節の感じが分からないと少し掴みづらい部分もある。やっぱり演じられるのを見聞きしないとなあ。

2014/12/19

fseigojp

現代語訳付きにて購入 でも脚注をしっかり読み込んでいかんと時代背景などがわからなかった 江戸以降はテレビによく出てくるので知ったつもりになっていることがよくわかった

2017/05/29

いりあ

江戸時代前期の元禄期の人形浄瑠璃の作者として歴史の教科書などで必ず目にする近松門左衛門の心中物として名高い曾根崎心中、心中天の網島など3編を収録。大坂を舞台に、遊女とその遊女にのめり込んでしまった男の顛末記です。浄瑠璃のための作品なので、上演されるものを見るのが前提だけに本を読むだけだと微妙に分かりにくい部分もありますが、セリフ回しなど、なかなか面白いです。これはぜひ歌舞伎や人形浄瑠璃で観てみたいです。あと、本書は現代語訳と原文が1冊にまとまっているのでとても重宝します。

2013/10/09

感想・レビューをもっと見る