読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫)

作家
鷲田清一
芦澤 泰偉
出版社
KADOKAWA
発売日
2012-11-22
ISBN
9784044075033
amazonで購入する Kindle版を購入する

大事なものは見えにくい (角川ソフィア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

万葉語り

論理的で分かりやすく、知りたいことにこたえてくれるという意味でこの人以上の人は現在いないように思う。うなずきながら読んでいる自分を発見できる。

2014/10/02

takam

高校の教科書を思い出す鷲田清一先生のエッセイ集。タイトルは星の王子さまの名セリフと似ている。大切なものは見えにくいということを身に持って知る。特に日本人は見えやすいものを信じる特性がある気がする。モノづくりが強かくて、マーケティングやイノベーションといった見えにくいものが弱かったのは偶然ではないのだと思う。今は見えやすいものばかりを重視している気がする。不祥事・スキャンダル発生時のネットを見ると、弱いものを叩けといわんばかりである。見えやすい構造から善悪を決めて、同じ方向に進む姿はたまに怖さを感じる。

2020/02/18

ヒダン

新聞の小欄で覚えた名前だったので読んでみた。とても短い随筆集。著者は哲学者だけど、昨日こういう出来事があったんだろうなとかこういうニュース見たんだろうなとかありふれた出発点から始まる普通の文章が並ぶ。それでいて、ほうほうと思うところがある話になっているので流石だと思った。教育やケアなど著者が興味を抱いていたと思われるトピックは複数回取り上げられ、広く論じてある。付箋を貼り過ぎないように意識して「受け身でいること」、「イメージと妄想」、「患者様」の3箇所に貼った。単行本『噛みきれない想い』の文庫化。

2015/09/28

はーちゃん

鷲田清和さんのエッセイ集。何気ない言葉の集まりなのに刺さる言葉がある。新宮先生が出てきてびっくりした。すごい先生なんだな。最後の最後の「理解しようとしてくれるのは、もちろんうれしい。だが、理解しあえるはずだという前提に立つと、少しでも理解できないことがあった時に、事態はうまくいかなくなる」本当にその通りだなと思う。

2017/01/24

t

鷲田清一エッセイ集。電車のなかで気軽に読める一冊。

2018/04/30

感想・レビューをもっと見る