読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

GOSICK V ゴシック・ベルゼブブの頭蓋‐ (角川ビーンズ文庫)

GOSICK V ゴシック・ベルゼブブの頭蓋‐ (角川ビーンズ文庫)

GOSICK V ゴシック・ベルゼブブの頭蓋‐ (角川ビーンズ文庫)

作家
桜庭一樹
武田日向
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2011-10-01
ISBN
9784044281250
amazonで購入する Kindle版を購入する

GOSICK V ゴシック・ベルゼブブの頭蓋‐ (角川ビーンズ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りーぶる

ヴィクトリカを大人にした感じ…。母コルディアは本気で恐ろしく美人なんだろうと容易に想像できます。コルディアの言葉に愛がありすぎて、このシリーズ初、涙ぐんでしまいました。九条くんも何か急成長❤「ぼくのヴィクトリカ」とかもう、赤面しますけど!迎えに行くと決めた九城くんと、「遅い!」と怒るヴィクトリカの絆はもう揺るがないですね。あんなけ罵倒されて尚ヴィクトリカっていうMっぷりもたまりません。赤い箱の秘密と今後の行方がきになりすぎます。今回アヴリルは出番なし。仕方ないですね。

2014/11/28

こかげ*ゆるゆる

いろいろ胸の痛む巻。でもヴィクトリカの心は久城くんが、久城くんの心はヴィクトリカが埋めていけるよね。事件はまだ続いてるから、早く次いかなきゃ!

2014/02/19

ダージリン

連れ去られたヴィクトリカを一弥が迎えに行き、再会シーン・・・良かったなあ。ヴィクトリカの愛情表現は相変わらず不器用だけど(笑)。ふたりが口に出して絆を確認する話!他にもいろいろあったけど、そこが重要~(笑)。

2011/11/22

まりもん

突然学園から姿を消したヴィクトリカを心配する一弥。グレヴィールが荷物運びを頼まれたことで、ヴィクトリカを連れ戻す決意をするあたりやっぱりこの2人は一緒にいるべきだと思ってしまった。 ヴィクトリカも一弥を父のオカルト省から守る為の態度をとったりと実はお互いに思い合っていることも解ってよい話だった。 コルデリアもヴィクトリカをちゃんと愛していることもわかったしね。

2011/10/06

いっこ@SR推進委員会

お姫様奪還と言えば屈強な戦士。頼れる仲間。強い武器。だけど一弥にあるのはトランクいっぱいのドレスと御菓子と、想う気持ちだけ。ヴイクトリカの気持ちも絡み合って切ない。セシル先生って狙いすぎたキャラで苦手意識あったけど、あまり登場しないくて大事さがわかった。ヴイクトリカをちゃんと子ども扱いできる人って必要だったんですね。

2012/03/09

感想・レビューをもっと見る