読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

薔薇のマリア〈Ver2〉この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア〈Ver2〉この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア〈Ver2〉この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)

作家
十文字青
BUNBUN
出版社
角川書店
発売日
2007-02-01
ISBN
9784044710095
amazonで購入する Kindle版を購入する

薔薇のマリア〈Ver2〉この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

YO-HEY@紅蓮ロデオ

ZOO古参組の話と新参組の過去話。カタリとピンプの話、やっぱ素敵よね。愛憎、どちらも抱えて辛い人たちの揺れる話。

2016/09/15

紅羽

Zooの仲間、四人の過去を描く短編集。何だかますますマリアローズとトマトクンは謎が深まったような気もしないでもない(笑)それぞれの抱える過去は重いのですが、ラストまで読むと力がいい具合に抜けます。カタリの好感度もかなり上がりました(笑)

2013/11/18

へいちょー

最初の話こそ、見ず知らずの人の話で感情移入する以前に読むのが苦痛だったのですが、ズーの主メンツの過去はどれも薔薇マリの世界観に相応しい陰惨なものでした。ピンパはつらいな。カタリはお人好しすぎる。そしてマリアのあのラストにはちょっと納得の行くようにはならなかったのです。マリアンヌってマリアだったのね。なるほど。何気に今までで一番面白かったかもしれないです

2016/09/09

まろりん

マリアの性別って本当にどっちなのかな。目の見えない人が女性って感じてたなら女性かなーと思ってたんですが、最近の展開を見るといまいちわからん。無性の可能性もあるのかも。トマトクン、ピンパーネル、カタリの過去はそれぞれに重いな。カタリはそんなに重いわけでもないけど、凄くカタリらしくて良かった。肉ばかり食べてるトマトクンは可愛いw

2013/11/06

しかっち

★★★★

2013/09/12

感想・レビューをもっと見る