読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空っぽのやつでいっぱい (KITORA)

空っぽのやつでいっぱい (KITORA)

空っぽのやつでいっぱい (KITORA)

作家
アボガド6
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-06-22
ISBN
9784046019462
amazonで購入する Kindle版を購入する

「空っぽのやつでいっぱい (KITORA)」のおすすめレビュー

ふいに訪れた神様が叶えたのは、子供たちの残酷な願いだった――/『空っぽのやつでいっぱい』

『空っぽのやつでいっぱい』(アボガド6/KADOKAWA)

 心を打つ風刺的なイラストが人気で、Twitterフォロワーは140万人オーバーとなっているクリエイター・アボガド6の、原点とも言うべき最初のマンガ作品が本作。日常に潜む非日常、平穏の裏の不穏をみずみずしい筆致で描いた10の短編のうち、ここでは「神様が落ちてきた日」の試し読みをお送りする。さらに、最新作『野菜の国の冒険 アボガド6 イラストカードブック』の発売も記念して、アボガド6作品の電子書籍フェアを実施中なので、そちらもチェックだ。

◆『野菜の国の冒険 アボガド6 イラストカードブック』試し読みはこちら //ddnavi.com/news/565555/a/

◆「野菜の国の冒険 アボガド6 イラストカードブック」発売記念フェアの詳細はこちら //ddnavi.com/news/565208/a/

【著者プロフィール】 アボガド6(アボガドロク) 映像作家、マンガ家。ニコニコ動画を中心にボーカロイド楽曲への映像提供を行う。特にアーティストの須田景凪(バルーン)とのコラボレーションが有名…

2019/9/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

空っぽのやつでいっぱい (KITORA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

wata

可愛い画だけど、内容は…。そうか…自分の寿命と引き替えに願い事を。孤独感漂う内容でした。

2017/10/22

くりり

献本26/88。世の中は空っぽだらけ?そうでもないんだけど、愛を感じてる私は幸せなんだろう...。

2017/10/15

美葉

短編同士が繋がりを持っていて面白かった。うまく構成されている。心にささってチクチク痛い作品が多い。孤独と寂しさと、わずかの希望。アボカド6さん独特の世界観が、とても魅力的。もっと読みたい。

2020/10/18

K

アボガド6さんはとても繊細な感情をお持ちだと個人的に思います。10個の短編集で、1つ1つの話はとても短いですがとても深く重い、心を打たれる話ばかりです。

2018/02/10

にっそん

世界観が良かった。途中で繋がっていることに気づいて戻って確認しました。ダークな雰囲気に少し明るさが入っていて現代を生きることについて考えさせられた。

2020/02/16

感想・レビューをもっと見る