読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小学3年生から始める!こども語彙力1200 考える力が育ち、頭がグングンよくなる

小学3年生から始める!こども語彙力1200 考える力が育ち、頭がグングンよくなる

小学3年生から始める!こども語彙力1200 考える力が育ち、頭がグングンよくなる

作家
齋藤孝
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-03-15
ISBN
9784046020659
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

『声に出して読みたい日本語』『三色ボールペン』に続く、齋藤孝先生の“真に必要な日本語力を確実に定着させる”ための語彙力アップのトレーニングブック。

※本作品は紙書籍をそのまま再現しておりますが、直接文字を書き込むことはできません。電子書籍内の説明に沿って手順を進めることで、ウェブサイトから本編「問題編」ページのPDFファイルをダウンロードできます。お使いのパソコンにPDFビューアをインストールの上、プリンターなどで印刷してお楽しみください。

小学3年生から始める!こども語彙力1200 考える力が育ち、頭がグングンよくなる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

香菜子(かなこ・Kanako)

小学校3年から始める!こども語彙力1200 考える力が育ち、頭がグングンよくなる。斎藤孝先生の著書。語彙力の大切さは大きくなればなるほど身に沁みます。同じことを言うのでも、豊富な語彙力で言い回しを工夫すれば知的に見えたり、説得力が増して信頼も得られたり、人間関係も円滑になることが多いと思います。でも語彙力はこどもの時から身につけないと簡単には身につかないもの。小学生のうちから学ばないと。

2018/10/24

感想・レビューをもっと見る