読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

健康の結論

健康の結論

健康の結論

作家
堀江貴文
予防医療普及協会
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-08-09
ISBN
9784046022301
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ホリエモンが医師たちに徹底取材して分かった、
人生100年時代に「自分を守る技術」とは?

◎およそ4人に1人が自殺を考える日本でメンタルを守るには?
◎実は性交渉した男女の8割が感染しているかもしれないHPVって?
◎毎日7.5分に1人が亡くなる心臓突然死を防ぐ
◎寝たきりの原因第1位の脳卒中を攻略する
◎じわじわ増えている大腸がんにかからずに済む方法…etc.

そろそろ体のことが気になり出したあなたへ、
今からでも間に合って
人生のパフォーマンスを格段にあげる、
健康知識をお届けします。

=======================

【本書の目次より】
はじめに 高パフォーマンスで人生100年時代を生きる戦略 
第1章 働き方のアップデート法(次世代を生きる)
第2章 生きるモチベーション(メンタル管理と自殺予防)
第3章 命を救う行動力(心臓突然死を防ぐ)
第4章 がんで死なないために(病気予防の考え方)
第5章 脳をクリアに保つ(脳血管疾患を防ぐ)
第6章 いま知っておくべき「HPV」とは?(産婦人科医に聞いた話)
第7章 歯周病予防で全身を守る(日常習慣を変える)
第8章 ホリエモンの予防医療サロン(落合陽一編)
おわりに 予防医療で人生のワンクリックを減らす

【取材に協力してくださったドクターのみなさん】
産業医・大室正志先生/精神科医・松本俊彦先生/循環器内科医・石見拓先生/消化器内科医・石川秀樹先生、鈴木英雄先生、間部克裕先生、渡邊嘉行先生/脳神経外科医・松丸祐司先生/産婦人科医・稲葉加奈子先生、三輪綾子先生/歯科医・梶村幸市先生、村上知先生/総合内科医 徳田安春先生  他

健康の結論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

ちまたにある色々な健康法はあるが若い人に向けて予防医学を書くというのは珍しい本だなと思った。歯周病、ピロリ菌は意識しておきたい。

2018/10/11

えちぜんや よーた

ホリエモンは200才まで生きることを決めたらしい。200才まで生きられるかどうかは別として、やはり100才ぐらいまで生きることは決して珍しくなる時代がやってくるだろう。そのとき人間は65才程度で死ぬことを前提とした社会制度はとても持たない。日頃から「ホリエ本」を読んでいる方であれば、何をすれば良いかすでに分かっている人も多いと思うけど、まだまだマイノリティな考え方なんでしょうね。それでも文章を読んでいると、堀江さんが熱心に予防医療の啓発と社会の変革を地道に取り組んでいるという姿勢は大いにに感じられた。

2018/09/19

ハッシー

★★★☆☆ ホリエモンが書いた病気の予防法。短いのでサクッと読める。その道の専門家に取材した内容に基づいているので、信頼できる情報だとは思う。本の内容よりも、ホリエモンの行動力に驚かされた。確かに、検査は定期的に受けるべきだな〜

2019/03/04

あきか

最初は正直、あんまり関係ないかなー?と思ってスルーしていたのですが…読んでめちゃくちゃ良かった!というか読まなきゃダメな本でした!女性のがんに1番多い大腸がんのこと、脳卒中のこと、子宮頸がんのこと、歯周病のこと…まったく遠くなく、読むことでむしろ身近過ぎることを知って、知らなかった自分やばいな!と戦慄しました。偏見や誤解していたことも多かったです。何となく今年は口内環境を整えたいなーくらいに思っていましたが、絶対に歯医者さんに行こう!と決意しました。子どもたちに対しても気をつけてあげたいことだらけ。

2019/01/10

リノン

冒頭の「僕は200年生きると決めた」に思わず笑ってしまいました。さすがというか、やっぱそうだよね~とも思います。ホリエモンは、生きることにも貪欲。定期的に市からお知らせされる検診と会社のやつは、すべて受診+乳ガンと子宮ガン検診は毎年受けているので自分的には大丈夫かなと思ってるところです。歯科検診も半年に一度してるし。後は脳ドックか。今回、気になったのは眼内コンタクトILCですね。レーシックは躊躇しちゃってるから・・・。両目で60万はちょっと無理だけど価格、下がらないかしら。どちらも老眼がネックだな。

2018/11/30

感想・レビューをもっと見る