読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大人の語彙力「言いまわし」大全

大人の語彙力「言いまわし」大全

大人の語彙力「言いまわし」大全

作家
齋藤孝
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-09-21
ISBN
9784046024749
amazonで購入する Kindle版を購入する

大人の語彙力「言いまわし」大全 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ハッシー

★★★☆☆ 単に語彙が羅列された辞書みたいな構成なので、読むのは単調すぎて骨が折れるが、言いまわし例と間違えやすいポイントが書かれているのが良かった。二字熟語だけでも、結構知らない語彙があったので、復習したい:淵源(えんげん)、諧謔(かいぎゃく)、含羞(がんしゅう)、狷介(けんかい)、糊塗(こと)、仕儀(しぎ)、桎梏(しっこく)、愁眉(しゅうび)、須臾(しゅゆ)、止揚(しよう)、截然(せつぜん)、端倪(たんげい)、煩瑣(はんさ)、畢竟(ひっきょう)、敷衍(ふえん)、偏頗(へんぱ)、縷説(るせつ)。

2019/04/10

しなもんちゃん

読んだあとに(というよりは記憶したあとに)印象に残らない構成になっている気がする。なのですぐ忘れちゃう、自分が悪いのかもしれないけど。

2020/01/21

hiyu

読んでいて、身近にない言葉があったのは参考になったのだが、自分が求めていたのとは違った。

2019/11/07

わえ

本を読んでいて知らない単語とよく出会うことを背景に、語彙力の確認と強化のために読む。知らない言葉が多く、勉強になった。文章を書くときに、たまに粋な言葉を使うと、読み手の注意を引きつけられるだろう。話し言葉で使うと違和感の出るものもあると思うので、適宜、使い分けていこう。/忸怩=反省して恥じ入ること。桎梏=自由を束縛するもの(足かせと手かせ)。止揚の類語はアウフヘーベン。敷衍=抽象的なことを具体的に説明すること。偶然→蓋然→必然の順に確率が上がる。ノマドワーカー。収拾と蒐集=収集の区別。

2019/07/18

アルカリオン

KindleUnlimited シーン別に類似表現をまとめて、違いを解説しているような本かと思ったが、さにあらず。「二字熟語」「三字熟語」「カタカナ語」のようなグループ別に五十音順で配列された、辞書もどき。存在価値をあまり感じない▼BookWalkerでは今だけ100円で買えるが、まぁ買わなくていいかな。

2020/07/19

感想・レビューをもっと見る