読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる

イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる

イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる

作家
池上彰
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-06-21
ISBN
9784046041883
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「イスラム」「ローマ法王」や、時折メディアをにぎわす「宗教法人」など、
ニュースにしばしば出てくる「宗教ワード」をざっと知っておかないと、
それに関連する情報をよく理解できません。
本書は、世界のおもな宗教にまつわる「必要最低限知っておくべきポイント」を、
池上彰氏がやさしく解説。
イラスト図版を使いながら、誰にでもわかりやすくまとめられた一冊!

※本書は、小社より刊行された
文庫『[図解]池上彰の世界の宗教が面白いほどわかる本』
『[図解]池上彰のニュースの基本が面白いほどわかる本』〈一部のみ〉
をベースに再構成・改題・各所アップデートの上、新たな章を増補してリメイクしたものです。

イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かおりん

世界の宗教がざっと学べた。やはり「神道」が興味深かった。八百万の神というのは、神様の数がとてつもなく多いことを言い換えてある。神社の仕組みはパンフレットの配置図などで馴染みあるが、どこまでを指すかは社殿だけでなく鳥居や灯籠、宝物殿、境内の鬱蒼とした木々全てを含めたもの。お寺に大きな壺のような容器に線香が焚いてあるのは身をまとうことで身を清める。悪いところが治るように煙をなでつけるのは二次的な効能である。

2019/09/08

ハレルヤ

世界の宗教を学び、自分自身を知った。先祖と共に、私は許されざる罪を犯し、神様に対し思い上がった姿であった。しかし、こんな私でも、許してくださっている神様の愛を知り、素直にその愛をお受けさせていただきたいと思った。赦され、救われた者として、父母先祖の方々と共に、万物と共に、天国に立ち返えらせていただきます。このみ恵みがすべての人々にありますように。吐く息吸う息、吸う息吐く息の内にお使いください。お仕えさせていただきます。 神様の子供として新しく生まれるために。

2019/08/04

Hirochika

宗教本の中ではやはり導入に含まれる内容。タイムリーな時事と絡めて説明があるので、はじめに手に取る本にはおすすめでしょうか。イラストも多く3時間かからすに読めると思います。

2019/07/20

Mamoru Okuda

さすが池上さんだと言うぐらい分かりやすい内容。 世界の宗教のことの基礎が学べます。

2019/08/10

感想・レビューをもっと見る