読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

お金の神様に可愛がられる手帳2020

お金の神様に可愛がられる手帳2020

お金の神様に可愛がられる手帳2020

作家
藤本さきこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-09-13
ISBN
9784046043283
amazonで購入する

「お金の神様に可愛がられる手帳2020」の関連記事

藤本さきこの本喰族!! この世は、神の愛が隅々まで行きわたっている『神父燦燦―カトリック司祭58人に聴く』カトリック新聞社 /連載第13回

 私にとって本は、食べて吸収し細胞にするもの。  食べることと同じくらいを作っていく。  食物が肉体のエネルギーを作るなら、書物は魂のエネルギーをつくる。  ひとつだけ違うことは、魂には「お腹いっぱい」という感覚がないこと。  お腹いっぱいにするために読むのではないのだ。  この連載「本喰族」では、読んだ本の中から頭に残っている「言葉」から次の本をリレー形式で検索し、魂がピンときた本をどんどん喰っていきたいと思います♡

『神父燦燦―カトリック司祭58人に聴く』カトリック新聞社

 カトリックの神父58名に、神父の道を選んだきっかけや、神学生の頃の思い出、挫折しそうになった時のことなどをインタビュー形式にまとめた本。

 それぞれの神父の人生が淡々と語られ、それがまったく重苦しくなく、学校の文集を読んでいるような気分になった。

 神父には、神に自分の人生すべてを捧げる「自己犠牲」のイメージを、私は持っていた。

 なぜ、神父になるという「重大な決断」ができるのか、不思議だった。

 たった一度の人生なのに、結婚もせず、子どもも持たず、有名になることやお金を稼ぐとい…

2020/5/7

全文を読む

藤本さきこの本喰族!! 神に、自分に、いつも大きく心を開いていたい。『喜びと出会うとっておきのおはなし』ギュンタ・ケルクマン /連載第12回

 私にとって本は、食べて吸収し細胞にするもの。  食べることと同じくらいを作っていく。  食物が肉体のエネルギーを作るなら、書物は魂のエネルギーをつくる。  ひとつだけ違うことは、魂には「お腹いっぱい」という感覚がないこと。  お腹いっぱいにするために読むのではないのだ。  この連載「本喰族」では、読んだ本の中から頭に残っている「言葉」から次の本をリレー形式で検索し、魂がピンときた本をどんどん喰っていきたいと思います♡

『喜びと出会うとっておきのおはなし』ギュンタ・ケルクマン

「黙想」というキーワードで見つけたイエズス会の神父様の著作。

 ケルクマン神父はドイツで生まれ、日本に44年間暮らした。神戸の中学校、高校で教職についたり、修道院で院長を務めたりするなど、半分日本人と言ってもいいほど日本に深い愛情を注ぎ、イエスへの信仰を伝えてくれた。

 ケルクマン神父が生前、「カトリック生活」誌に寄せていたエッセイを1冊にまとめたもので、聖書をもとにとても易しくわかりやすく、素直に受け取れるような言葉で、「イエスの愛」について書かれている。

 修道院に入って最初に…

2020/2/19

全文を読む

関連記事をもっと見る