読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アフターコロナの生存戦略 不安定な情勢でも自由に遊び存分に稼ぐための新コンセプト

アフターコロナの生存戦略 不安定な情勢でも自由に遊び存分に稼ぐための新コンセプト

アフターコロナの生存戦略 不安定な情勢でも自由に遊び存分に稼ぐための新コンセプト

作家
成毛眞
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-11-12
ISBN
9784046050267
amazonで購入する Kindle版を購入する

アフターコロナの生存戦略 不安定な情勢でも自由に遊び存分に稼ぐための新コンセプト / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

先日手に取り、成毛氏の本はライトで提言と示唆に富んでいるので購入し読了。取り立てて強く押し付けがましい示唆や主張がある訳ではないのであるが、現在の我々現役ビジネスパーソンに対し、少し近未来を見せつつ、今のうちに己が対応取れることをする様に。そして、それらは趣味や好きなこと或いは転職等の延長線上に迄及び、もう少し己が勝手に決めているかの様な縛りから解き放たれて俯瞰して物事を捉えて進路定めよ、と様々な知識からアドバイス頂いている感である。この様な体に温かいアドバイスとして良き意味でライトに読める一冊なのである

2021/05/06

バトルランナ-

4点 二条城近くの京都ブライトンホテルのランチの焼きそばもレベルが高く京都以外の人がブライトンに泊まる理由の何割かがそこの中華を食べることだと聞いたことがあるp27 私が今星5つつける番組の筆頭は町山智浩のアメリカの今を知るTVだp36 結局膨大なお金の行き先は「債権」「株」「不動産」の3つしかない。ただし債権には限界がある。国債を発行しても日銀が買うことになって、何百超円を吸収できない。また債権は買われすぎると金利が下がっていく。長期金利がマイナスになって、イールドカーブが押しつぶされると困る。

2020/12/02

u1

面白かった!成毛眞の本が好きになってきたかもしれん!何でもいいから趣味と行きつけの店が大事だという、何とも不思議な話だったけど、行きつけの店は欲しいと思う。そもそも最近飲みに行けないから、チェーン店以外でなかなか通いたいと思う個人店に出会わない。なくなったら困る店にお金を注ぎ込もう。あと、南海トラフが首都直撃よりも、富士山噴火したら、日本終わる説が一番怖かった。どこに家を買えばいいんだろう。

2021/06/16

coldsurgeon

著者独自の感覚で、アフターコロナの生き方を描く。すべてに同意する必要はないけれど、変わりゆく情勢を見ながら、自分を自由にさせる感覚は理解できる。好きなことだけして生きていくのではなく、やらないことを決めるという意見には、頷くことができる。コロナ禍の中、日本人は社会的全体適応を無意識に体得し、実現しようとして、ミクロの競争を排除しているという意見に、私は納得した。ミクロの競争をしなくては。

2021/02/10

ゆうなぎ

幅広い話題で書かれているため、おもしろい、興味深いと感じるのは賛否両論で、読者の状況によると思う。個人的には転社と、転職の相談相手の背景を見ることが面白い。所々筆者の人間味を感じる。芯のあるステキわがままな人という印象。深く聞いてみたい。

2021/01/15

感想・レビューをもっと見る