読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと (角川つばさ文庫)

ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと (角川つばさ文庫)

ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと (角川つばさ文庫)

作家
吉永小百合
男鹿和雄
YUME
出版社
KADOKAWA
発売日
2014-07-15
ISBN
9784046314079
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと (角川つばさ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

瑪瑙(サードニックス)

前半は物語。後半は原爆経験者の詩。実体験に基づいているだけに、迫力があって、耐え難い程の恐怖と悲しみが押し寄せてくる。広島と長崎の両方の原爆資料館へ行った時の、展示物を思い出した。戦争は絶対ダメだ。ましてや原爆などの核兵器なんてもっとダメだ。人間が理性をとりもどし、世界から戦争や核の恐怖が無くなる事を願ってやまない。

2016/07/11

こころ

今読み終わりました!残酷すぎて、パニックです。 戦争は嫌だ。死にたくない。 もう、絶対、戦争をしてはいけない。そう強く思いました。一度は、読むべき本だと思います。涙なしでは読めません。

2019/08/05

Holiday

自分の名前が好きじゃない小4の「みどり」、広島のおばあちゃんが名付けたと知り…。現代の小学生が主人公という設定なので、子供が共感でき、入りやすそう。後半は吉永小百合さんが朗読活動もされている原爆詩。これは涙なしでは読めませんでした。

2015/06/29

そーすけ

240*前半は創作物語。後半は原爆詩集。『日本は戦争はしないって、法律で約束しているんだ』(P.54)の「法律」は、「憲法」の方が良いような? 原爆詩をまとめて読んだのは初めてかもしれない。短い言葉なのに、胸に迫る。軽々しい言葉で感想は書かないでおく。

2014/12/05

KIYO

[進研ゼミライブラリ]1章は自分の名前の由来の宿題に悩むみどりと原爆症のおばあちゃんの物語。2章は詩集になっています。原爆についてはやっぱり風化させず、伝えていかないといけないと思いました。

2017/09/11

感想・レビューをもっと見る