読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鹿の王 2 (角川つばさ文庫)

鹿の王 2 (角川つばさ文庫)

鹿の王 2 (角川つばさ文庫)

作家
上橋菜穂子
HACCAN
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-15
ISBN
9784046318343
amazonで購入する

鹿の王 2 (角川つばさ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kayo

元々上下巻だったものを4巻に分けて、この第2巻は起承転結の「承」にあたるのでしょう。黒狼熱という疫病が王族までを襲う事態に。病の真相を追う医師ホッサルの活躍と、病から生き残った故にヴァンとユナに現れる何やら得体の知れぬ世界との繋がり。ホッサル側の科学的な視点と、ヴァンが出くわす幻想的な場面が対比的で面白いです。登場人物が多くてこんがらがりますが、とにかく先を読みたくて仕方ない物語です。

2021/07/31

とんこ

ヴァンのアクション&ファンタジーパート、ホッサルの医療謎解きパート、どっちも面白いけど、ホッサルの方では名前が多くてこんがらがる。細かく理解するのは再読時にまわして、とりあえずヴァンの先が気になるから読み進めます。

2022/05/28

アキナ

夢中で読んだ2巻でした。黒狼熱と戦うホッサルの助けたくても助けられないつらさが伝わってくる。治せるようにしたいからホッサルはヴァンを探している。黒狼熱は誰かの手によって広められているのかもしれない恐ろしい話になってきたところで、ユナちゃんが攫われてしまって3巻へ。あらすじでユナちゃんが攫われると書いてあるけど、後半も後半の話じゃないのよ。

2021/09/21

みねこ

予想外に医療の話が多い。コロナ禍のいま読むべき本なのかも、と感じました。医療の話だけではなく、アクションあり、遊牧民の暮らしが垣間見れたり、いろいろな楽しみ方があります。そしてまた、続きが気になる終わり方・・・!!

2022/02/16

Eri

ヴァンの話もホッサルの話も面白くて、先が知りたくなる。 ユナが攫われた時にヴァンの前に現れたサエだけれど、あれ?ヴァンはその存在を知っていたのだっけ?と不思議に思った。

2022/01/08

感想・レビューをもっと見る