読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プリンセス・ストーリーズ 赤ずきんと狼王 (角川つばさ文庫)

プリンセス・ストーリーズ 赤ずきんと狼王 (角川つばさ文庫)

プリンセス・ストーリーズ 赤ずきんと狼王 (角川つばさ文庫)

作家
久美沙織
POO
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-07-15
ISBN
9784046319098
amazonで購入する Kindle版を購入する

プリンセス・ストーリーズ 赤ずきんと狼王 (角川つばさ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

プリンセス・ストーリーズ4冊目。童話のアレンジが毎回面白くて読んできたら、この本がいまのところ一番オリジナル度が高い。赤ずきんとおばあちゃんとオオカミが出てくるぐらいで、オオカミが人を食べようとしないし、悪役でもない。あとがきで久美沙織氏がオオカミ愛を語っているように、むしろオオカミを気高く描こうという気概が作品にある。実際、人狼少年として出てくるジャックは魅力的。ヘンリー王子と出会ったきっかけで始まる、赤ずきんたちのお城での活躍も二転三転して楽しい。巨大ロボが暴れるような展開があるとは思わず、びっくり。

2019/08/09

感想・レビューをもっと見る