読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緋弾のアリアXXXIV 早天の嚮導艦 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXIV 早天の嚮導艦 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXXIV 早天の嚮導艦 (MF文庫J)

作家
赤松中学
こぶいち
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-25
ISBN
9784046800749
amazonで購入する Kindle版を購入する

緋弾のアリアXXXIV 早天の嚮導艦 (MF文庫J) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

彼方

別世界レクテイアとの戦争を企て侵略の準備を進めるラプンツェル大佐を阻止するべく、雪花と共に敵本拠地へと強襲をかける第34巻。前半は若干戦闘機関連や色々、軍事的な解説がしんどかったものの…對卒を患いながらも全身全霊で、そして生きて帰るという決意を最後まで貫いたキンちゃん加減がさすが毎度の大スケールアクションでしたね…。しかし今回の技はもう体術でなく別物で…これからの戦いが楽しみになるな…。敵であるNの組織内の情報についてもかなり進展し、また混迷を極める波乱の展開が待っている予感…次巻も楽しみにしています。

2020/12/25

ダイ

今回は雪花編の後編でしたね。目次に第7のヒステリアモードとあったのでキンジの新しい強化と思いきや雪花の方の強化でした。ただ、前から考えていた女性版で母親の感性で発動するヒステリアモードでちょっと嬉しかったです。しかし、初期の頃から出ていたカツェが漸く表紙になったのに怪我で今回は留守番なのは残念でした。そして、キンジの人間離れがまた加速していますが、これでもまだまだ格上が居ると思うと恐ろしい世界ですね。最後は復活したシャーロックとモリアーティ、ネモなど重要人物ばかりが現れての艦隊戦で次回がとても楽しみです。

2020/12/26

ひかり

自分の命を引き換えにしても敵を倒すことを選ぼうとする雪花 一それは運命でもあると それをエネイブルキンジがひっくり返していきます 戦争から学ぶこと平和の大切さ どんな状況でもとにかく生きる意思を持つこと 希望を持って少しずつでも良いから進むこと 大切なことをキンジは教えてくれました。 キンジと雪花のコンビネーションもバツグンでキンジと雪花の関係には驚愕! 最後はキンジと雪花のキック(地震)が 自然現象が神に勝つという展開に… とうとうイーウーとNが集結してGo For The NEXT!!!

2021/01/04

岩男

めちゃくちゃな展開になってまいりました。

2021/01/06

ささじー

今回はキンジたちは択捉島近くまで行く!新たなヒステリアモードが明かされる!そして、次巻は艦隊戦!けど、本当に艦隊戦になるかなぁ。この物語、予想がつかなすぎるので。

2020/12/25

感想・レビューをもっと見る